2005年09月15日

東京都目黒区 中森まどか 1日目

はじめまして。東京出身とは思われない土くさいことが大好きな東京都目黒区育ちの中森です。近々もう少し郊外への引っ越しをたくらんでおりますが・・。

昨日と比べてマイナス8度。いよいよ夏の終わりですね。原付(かなり年季の入った愛用カブ)で30−40分の通勤にジャケットが欠かせなくなってきました。原付の良いところ(?)は、季節を肌で感じられること!夏場はまさに「ヒートアイランド」を体感しつつ、フライパンの上を走っているかのようでした(^^;)・・・そしてもう一つ、「危険」も体感!2週間前に他のバイクの転倒に巻き込まれてアスファルトに強打した右ひざがまだ痛みます・・(;;)

と、悪いことは続くもので、昨年買ったばかりの自宅のデスクトップも故障!で数日間「入院中」です・・・(というわけで自宅で作業できないため、日記が滞ることもあると思いますがお許しくださいませ!)


と前置きが長くなりましたが、私は現在、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター(www.cb-s.net)という、NPOや企業による地域貢献活動の立ち上げ・運営を支援する「中間支援組織」のスタッフとして働いています。日頃は講座、相談、調査などの事業に関する一連の業務を行なっています。
今日は一日パソコンに向かっておりました。(「スローライフ」を求めながらも、携帯とパソコンと「肩こり」付きのライフスタイルが前提となってしまっていますね・・)


でもやはり泥くさく「現場」に近い方が好きです。地元の目黒区では数年前から環境活動グループ(ecostaffmeguro.hp.infoseek.co.jp)を組織して、区、商店街、各団体の皆さんとの協働で、「ごみゼロイベント」や「環境学習」の勉強会を行なったりしています。
もともとは農学部出身で、学生時代は岩手から鹿児島まで農家実習・調査に行き、インドネシアや東南アフリカの調査を行ったりもしました。卒業後も「自然農」や「パーマカルチャー」の勉強もしたり、有機農家に長期で住み込み研修をさせていただいていたこともありました。青果物流通の会社にも勤め・・・


というわけで、今は「Think globally, Act locally」の感覚を子どもたちに伝えたい、農業や貧困の問題を理解する「グリーンコンシューマー」の輪を広げたい、という願いから、全国各地の農業や教育の現場で頑張る同志を想いつつ、とりあえずアスファルト東京で頑張っています(^0^;)/

つづく・・。





posted by LJ21 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。