2005年09月27日

青森県青森市 張替淳子 1日目

はじめまして。ハリガエです。
5月にインターンとしてNPO法人グリーンエネルギー青森(以下GEA)に入り、事務局のスタッフのお手伝いをしています。GEAは・・・本当にいろいろなことを手がけているNPOなので、今の私ではまだ上手く説明できませんが、簡単にいうと、鰺ヶ沢町に市民出資で風車を建てて地域を元気にしているNPOです。(HPをご覧ください。)

私は青森県在住5年目。故郷は茨城県の坂東市という、とりたて特長のない平和なところです。
自然豊かで、みんなが豊かな社会にしたい!というのが私の思いです。究極的に言えば「農家(本家)のお嫁さんになりたい!」。まだちょっと早い気もするので・・・いろいろと修行させてもらっている22歳です。
GEAにいると、仕事を進める大変さが分かると共に楽しいことがたくさんあります。

GEAでは、先に「今週の私」に登場していた柳沢さん率いる(企)あっぷるぴゅあと協働で、鰺ヶ沢産毛豆「風丸」の市民風車ブランド化を進める「風丸プロジェクト」に取り組んでいます。「毛豆」は、昔から青森で栽培されていた在来種の枝豆です。栗のようにホクホクした食感で甘くて濃厚な味。それでいて、やめられないとまらない枝豆の風味がきちんとある。サヤは食べるとき口に入れるのが心配になるくらい毛深い。かなり個性的な豆なのです。私が弘前に住んでいた4年間に一度も存在に気付かなかったように、青森ではあたりまえでありふれたものとして扱われている。そんな毛豆に「風丸」という名を付け、全国のみんなに知ってもらおう!というのが「風丸プロジェクト」です。(明らかに説明不足なのでこちらも参照してください・・・→「風丸くらぶ」)



そのプロジェクトの一つである、毛豆の加工品開発をお願いしている市内の和菓子屋「おきな屋」さんが、毛豆を使ったオリジナル菓子を作ったということで、わざわざ事務所に持って来てくれました。
黄緑色した毛豆のペーストがきれい。こっくりとした味わいにうっとりです。そして、いかにも栄養たっぷりといった感じ。今日は、パイとクッキーでした。



ここに入ると同時に一人暮らしを始め、日々節約に励んでいるので、食べ物が出されると、ここぞとばかりにいただいてしまいます・・・。同じく試作品である毛豆と米粉のクッキーを約10枚ほどほお張り、数十分後、気が付けば予想以上にお腹いっぱい。苦しい〜。食物繊維のおかげ??やっぱりお米はお腹いっぱいになるものなのかなぁ・・・と、考えているうちに、そういえば最近朝食に小麦粉を食べていたので、そろそろ実家から送られていたお米も食べなければと思い出しました。今、青森は涼しいを越えて朝夕は寒いほど。住処も事務所も街中にあるため、ほとんど田んぼを目にすることができないのですが、おそらくほとんど稲刈りは終わっているのでしょう。故郷茨城の田んぼはどれくらいになっているのだろう・・・新米が送られてくるのが待ち遠しくなりました。

食べ物のことばかり考えている場合ではありません。10月1日〜2日、主催イベント「第2回 白神エコスーリズムとわんずの集い」が迫っているのです。それとは別に、2日には「市民風車見学・農業体験・エコクッキングに学ぶ自然エネルギー教室」も開きます。私の担当するこまごまとした仕事は、こうしたイベント前などに一気に量が増えるのです。

仕事が6時に終わってから、事務所に残って書かせていただきました。
もうこんな時間・・・外は上着がないと震える寒さです。
それでは、そろそろ失礼します。



posted by LJ21 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。