2005年10月10日

東京都 三鷹市 松尾瞳美 1日目

はじめまして。三鷹市市民協働センターの松尾瞳美です。

9月4日に、三鷹市市民協働センターで行われた「秋の市民交流会」で、
初めてローカルジャンクション21の朝田さんのお話を伺いました。

それがきっかけで「今週の私」の担当をさせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします。

三鷹市市民協働センターは、市民、NPO・市民活動団体、町会・住民協議会などの活動や交流を支援するとともに、これからの市民と行政との新しい協働のあり方を考え、協働によるまちづくりを推進する施設です。

要するに、市民活動のサポートや行政や市民活動団体、個人と市民活動団体などを「つなぐ」役割を持っています。、市民の中から選ばれた25人の「企画運営委員」の方々と今後どういう運営を行うか、どういう事業を行うかなどを話し合っています。

書きたいことが多すぎて、何から書けばいいのか混乱していますが、
最終的に言いたいことは、「市民活動はめちゃめちゃ面白い!」ということ。
そんな市民活動を行っている人に会える職場で働けること、私にとってこれ以上の幸せは無いなと思っています。

一番上の写真は三鷹市市民協働センターから撮りました。
目の前に神社の森が見え、周りが一軒家の住宅街なので空が広く感じます。
時にハッとするほど綺麗な空が見えます。


といっても、私は協働センターに勤めてまだ1年です。
しかしこの間、さまざまな事業やサポートを行いました。

★プロのデザイナーに講師に来ていただき、ポスターやチラシの作り方を習った「PRのコツ講座」。

★キャッチコピーの作り方をプロに教えていただいた「キャッチコピー塾」。

★市民活動団体と協働し、生ごみ堆肥を使った花壇を作りました。

★次年度の協働センター事業を市民の方からアイデアをいただく「アイデアワークショップ」を開催しました。

★協働センター登録団体が集い、話し合う「利用者懇談会」。

★市民活動団体が三鷹市に共催・後援を申請する時のサポート。

★市民活動団体がイベントをするときのピーアールのサポート。

などです。

また、私自身もたくさんの市民活動に参加させてもらったり、市民活動団体を作ったり、イベントに参加したりしました。

2つ目の写真は生ごみ堆肥を使って野菜を育てている市民活動団体の畑の様子です。(協働センターではありません。)


上記からさらに、協働センターでは市民活動関係のイベントを自由に書き込める「イベント掲示板」や市民活動に協力してくれる人を登録する「助っ人登録」のサービスをインターネット上にオープンしました。

まだまだこれから協働センターでは面白いイベントや講座、サポートを充実させる予定です。
★是非定期的にホームページをご覧ください★

写真は、三鷹駅から南に伸びる商店街の様子。
この道を通って協働センターに向かいます。→




posted by LJ21 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。