2005年10月15日

東京都 三鷹市 松尾瞳美 6日目

★NPO・コミュニティビジネスの支援のあり方A★

(写真はサンフランシスコにあるNPOの拠点、ソーロー持続性センター。ホームぺージよりhttp://www.thoreau.org/home.html

BのNPO支援財団についてですが、今でも日本の笹川財団、日本財団、トヨタ財団などがありますが、それに加えて個人の寄付からなる財団が欲しいなと思います。

日本人は寄付をしない文化だと言われますが、文化だけが主要が原因ではなく、例えばどこに寄付したらいいのかわからない、その寄付が本当に有効に使われるのか不安、などの原因も考えられます。

NPO支援財団を作り、寄付金の使われ方の情報公開を行い、有効活用されるという信頼を作る。電話寄付、クレジット決済寄付、オンライン上での寄付など、さまざまな寄付の方法を開発する。寄付したいという人の相談にのったり、政府や行政へ(認定NPOだけでなく一般のNPOでも)寄付金の税的控除の仕組みを働きかけるという役割が必要だと感じています。


(写真:このような建物の中でNPOがたくさん生まれている。)
 
アメリカのTides Center, Tides Foundation などはこれらBつの役割を持っており、
非常に効果を挙げています。

もちろんそのままその仕組みを取り入れては日本になじみません。

しかし、市民活動を日々応援する立場としては、この3つの機能の必要性をよく感じます。




posted by LJ21 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。