2005年11月14日

新潟県新潟市 福島潟から 小松隆宏 一日目

はじめまして。新潟市役所 自然指導員の小松隆宏です。水の駅「ビュー福島潟」に勤務しています。ローカルジャンクション21の朝田くに子さんに今年の9月23日に福島潟で開催された福島潟自然文化祭のコーディネーターとしておこしいただきました縁で「今週の私」コーナーに投稿させていただくことになりました。つたない文章ですが福島潟は素晴らしい所です。福島潟の自然と人をできるだけ紹介していきたいと思いますので1週間おじゃまいたします。(福島潟の皆様にも助けてもらうつもりです。)
福島潟:まずは福島潟の屋上からの景色をご覧ください。福島潟は193haあります。福島潟では220種類以上の野鳥、450種類以上の植物が確認され日本の自然100選などにえらばれています。
 ホームページもありますのでご覧になってみてください。http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/


福島潟のヨシ:今日は福島潟に一番多い植物ヨシについて紹介します。屋上からの景色で茶色に見えるところはヨシが生えています。ヨシはアシとも呼ばれていますが、アシが「悪し」につながることから、アシを呼ばれるようになりました。始め良ければ・・・とゲンをかついで、ヨシの話からスタートします。
屋根の葺き替え:今日は福島潟の情報発信施設水の駅「ビュー福島潟」の休館日ですが、ヨシ葺き屋根の休憩施設「潟来亭(かたらいてい)」では屋根の葺き替えが行われています。今ではヨシ葺き職人が少なくなってしまいましたが、がんばってもらっています。



ヨシあし和紙:福島潟に生えるヨシを使った紙「ヨシあし和紙」作りに取り組むヨシあし和紙の会の皆さんも活動していました。ヨシには水を浄化する力がありますが、そのためにはヨシを使いながら管理する必要があります。ヨシあし和紙の会では、紙作りに用いながら、環境教育などに役立てるためにがんばっています。


雁晴れ:この福島潟で作られたヨシあし和紙をラベルに使ったお酒「雁晴れ」は福島潟の特産品。自分へのご褒美、仲間への激励に、是非お使いください。
鰍ワちづくり豊栄 観光協会とよさか21事務局http://www.toyosaka21.com/




posted by LJ21 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

菱の実、ハスの実、オニバス、レンコン・・・
Excerpt: 少し前になりますが、先月9月23日に新潟市の水の駅「ビュー福島潟」(新潟市役所 豊栄支所 文化振興課)主催で行われたシンポジウム「潟の食文化を語ろう」のコーディネイターとして呼んでいただきました。 ..
Weblog: LJ21事務局ドタバタ日記
Tracked: 2005-11-18 08:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。