2005年12月03日

福井県鯖江市 清水孝次 六日目

今回、縁あって、今週の私≠ノお誘いいただき、たいへん楽しい一週間を送らせていただきました。ブログ音痴を自称するものとしては、冒険の国へ迷い込んだような気分でのスタートというのが正直なところで、結果として、今年一番の理事長研修の機会≠ニなったように思います。交流センターのホームページ『どやの』の今後のデザインに、この貴重な体験を活かすとともに、常識を超える新しい発想への挑戦≠これからのセンターの信条にしていかなければならないと、改めて強く認識させられました。朝田さんには、よい機会を与えていただき、感謝しています。
(写真中央が私の自宅です)


ブログに載せられなかった、いくつかの会議を含めても、今週の私は、ちょっと余裕の一週間でした。今日の福井は、みぞれ混じりのたいへん肌寒い天気になりました。何かと騒がしくもなり、体調管理の一番難しい一年の納めとなる12月。病気予防の秘訣は、言うまでもなく、よく寝て、しっかり食べて笑うこと。これさえ守れば、新型インフルエンザも恐れるに足りません。皆さまのご健勝を心よりお祈り申し上げます。
 尚、
NPO法人 鯖江市民活動交流センターのホームページ
どやの≠焉Aたまに覗いてみてください。





posted by LJ21 at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれれ、日曜日はお休みという訳なんかな。蛇足でも何でもいいですから、オオラスを締めてくださいな。みんながうらやむスローlライフの実践者としての生活を垣間見せながら、新しい市民の力を集めて、行政にも企業にも出来ない狭間の公益実践に頑張る清水さんに敬意を表します。<BR>幅広い人たちを結び付けるツールとして「はちみつ」がお手伝いできたことを喜びたいと思います。来春の赤目では数十個の巣箱を室生寺から赤目の森までおよそ10キロを「忍ぶ糸を結ぶ蜜ルート」として開拓しようと考えています。栗原小巻と加藤剛のカッコよさはないですが、赤目の里山に関心を寄せていただけるファンを色々な取組みで確保しようと考えています。長い間お疲れ様でした。
Posted by 赤目のやまおやじ at 2005年12月04日 18:10
清水さま<BR>このたびは本当にありがとうございました。このご縁を大切に今後ともよろしくお願いいたします。東京ー赤目ー鯖江の蜜ルートがどこまで広がっていけるか、すごく楽しみです。<BR>12月13日には東京はちみつクラブ初のはちみつヌーボーパーティを東京で開催します。こちらも、新しい出会いがたくさんありそうです。豊穣のシンボルみつばちが取り結ぶ縁に幸せがたくさんありますように。
Posted by LJ21 あさだ at 2005年12月04日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。