2005年12月23日

熊本県菊池市 武藤計臣 四日目

さてさて、昨日の夕方のあの猛烈な雪の降り様からして、今
朝のわが村の景色はどう、成っているのだろうか?
おそるおそる、玄関の戸を開けて見るとぉ〜! ・・・・・。
やぁ〜っぱり、外は一面のまぶしい銀世界。 そしてなんと
いうことでしょうかぁ、その積雪の量は約20cmにも達して
いるではありませんか。
どうしょう、今日の午前中の肉豚の出荷! トラックはノー
マル車、チェーンは持っていない、遅くとも正午までは搬入
しなければならない、明日(23日)は休日で屠場は休み、
取引先は待ってはくれない。
八方ふさがりだぁ! という訳で結論は何がなんでも行かな
ければならない。 とりあえず、ギリギリの時間まで出発を
遅らせてわずかながら時折、見せる太陽の力を借りて道路の雪
が少しでも溶けるのを待ってから出発を決行する事に。
その間、農場を見回りながら大空の太陽と大地の雪を交互に
見つめながら待っておりました。
そんな私の事情とは裏腹に豚や鶏やヤギたちは元気いっぱい!
なにがそんなに楽しいのか嬉しいのか、深々と降り積もった
雪を蹴散らし、もぐり込み、駆けまわる。
そんな豚たちを見て“そうだよねぇ、せっかく天がくれた
めったにない風景”を楽しまなきゃねぇと思った次第でした。
そんな訳で午前11時過ぎに出発! 案の定、あまり溶けて
いない・・・。 ソロリ、ソロリとくれぐれも急ブレーキ
だけは踏まないようにと細心の注意を払いながらハンドルを
持つ手で合掌するような気持ちで屠場へと向かったのでした。

“ところ変われば”と云う言葉があります。 
ほんとに今日はつくづく、そう思います。 あれほど深かった雪が山を下りて
平坦部に近づくに連れて段々と浅くなり、嘘のように消えてゆきます。
おもわず、わが村のある山の方向を振り返ったのでした。








元気いっぱい、走りまわっているところです。






午後からは先日、頼んでいた豚肉のスライスやミンチを加工場
で受け取り、(変わり果てた姿になって、ごめんなさい。ありがとう、と合掌・・・。)
取引先に納めて帰路に着いたのですが

午前中に下りる前と少しも変わらない風景のすっかり、雪国と化した
我が村の、近くの雪道でトラックが動けなくなり、結局歩いて
帰るはめになりながらも、まあ、夏はその分、涼しいからねぇ
などとひとり言を言いながら帰り着いたのでした。











おいしそうに雪を食べています。

餌を与えていない訳では決して、アリマセン。






家の前もごらんのとおりです。




雪景色ってなかなか良いもんですね。純白の世界、久し振りに堪能しました。
 
写真もバシ、バシ、撮りました。





posted by LJ21 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。