2006年02月09日

埼玉県羽生市(加須市) 雨読晴耕村舎(糧工房) 後藤雅浩 3日目

朝、3:50糧工房着一次発酵の状況はぎりぎり。
成型してホイロに入れ2次発酵その間に夕方焼く
分を仕込む。工房内を整理しているうちに一次発
酵完了でオーブンに入れて焼く。出来上がりをも
って自宅へ。Kトラックの中は焼きたてのパンの
香りでいっぱい。6:30からの朝食に間に合
った!

今日もコメントありがとうございます。

(ジンジャークッキーは完成?)
手づくりやさんから http://tedukuriya.jugem.jp/

今日も午後から”糧工房お菓子研究会”でレシピをいろいろ
いじっています。一応、本などを参考に基本形はできたので
すが、油の種類や割合(バターにするかオリーブオイルにす
るかはたまた使わないでできないか)や糖分の種類や割合
(蜂蜜とテンサイ糖の配合比)や香辛料(シナモンやグローブ)
の使用不使用などをいろいろ試しています。今の段階ででき
たものをいろいろな方に試食してもらい御意見を伺っています。
そして最終的なレシピの完成と販売の目標を3月においてい
ます。

手づくりやさんからいただいたお菓子が素敵でした。パンも
是非、食べてみたいです。










(蜜源植物、レンゲのすきこみとレンゲ後の蜂君たち)
LJ21あさださんから http://www28.cds.ne.jp/~localj/

レンゲを田んぼの裏作として緑肥にする農法は昔からあるよう
です。ただ米の食味や稲作のスケジュールなどもろもろの要素
がからみ採用する農家が非常に少ないのが現状です。逆に
あさださんのデータ、30年前に較べてまだ70%も残っているん
だ!と驚いた次第。羽生のこのあたりではほとんど見かけませ
ん。老人達の話では昔は一面、レンゲだったそうですが・・・
積極的に花の風景を楽しんだり蜂蜜をとることも考えてさらに
それにあわせた稲作の技術も高まらないかなー、と年々思いな
がら七転八倒しています。
蜂たちなのですが実は自分ではまだ飼っていません。レンゲの
時期だけ蜂君たちに来ていただいております。このあたりはまわ
りがほとんど水田なのでレンゲ以後のまとまった蜜源がまだない
のです。雨読晴耕村舎の敷地(約6反)や糧工房の敷地(約1反)
の庭づくりに”蜜源植物”という視点も入れて計画しているところで
す。右の写真はその候補のひとつブラックベリーです。(今は剪定
して丸裸ですが)この地方にあっていて無理なく作れる植物を
リストアップしています。



(1日目の写真 農業と建築) KYさんより

一日目の写真は糧工房です。工作の素人が
時間をあまりかけずにしかも頑丈に建物をつくる
ことができないかな、ということを試すために
ど素人の若者2人と農作業の合間を縫ってセル
フビルドで昨年つくってみました。仕口など骨組
みの接合部分の加工は精度がでないと建物の
強度に深刻な影響を与えるので材木はほとんど
加工せずに組める金物を考案してみました。
(特許出願中!)と、偉そうなことを書きましたが
実際に来ていただくとわかるのですがやはり素
人工事のあばら家です。保健所の営業許可が
おりたときは3人で祝杯をあげたものです。
(建物の仕上げにはインターンシップ研修に来た
ものつくり大の学生さんたちにも加わってもらい
ました。)


農業と建築ですがもともとは建築畑にいました。
農業は縁遠いものだったのですがいろいろな
問題を解決するヒント、鍵のようなものがココに
ありそうだ、と感じ飛び込みバタバタしています。


右は今の畑の様子とバックに雨読晴耕村舎の森と
母屋がちょこっと写っています。

畑ではニンニクパンやバジルソースなどの材料になる
ニンニク、ラッキョ、、玉ねぎなどがこの寒さに耐えて
がんばってくれています。もう1回草をとって追肥をすれ
ば6月に収穫できそうです。


”なまけもの”でないらしい”なまけもの倶楽部”さんに
http://www.sloth.gr.jp/

食育フェアは大変でしたがいろいろなかたと出会えて
よかったです。






posted by LJ21 at 07:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみません。レンゲ畑の減少について、言い方を間違えました。<BR><BR>30年前に比べて28.8%に植栽面積が減ってしまった蜜源植物です。が正しいです。ということで後藤さんがお感じになっていることがまったくその通りです。<BR>一番減少したのがナタネで、30年前の3.4%になってしまっているそうです。数字は社団法人日本養蜂はちみつ協会編纂による「日本の蜜源植物」のごあいさつ文を参考にしています。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年02月09日 09:33
小さなことにくよくよするよりも、<BR>たくさんのことにチャレンジすることは<BR>大変なことも多いでしょうけれど、素敵ですね。<BR>これからも前進前進頑張って下さい。<BR>
Posted by ゆうちゃん at 2006年02月09日 18:22
僕の住んでいる伊豆の先っぽでは、<BR>町と農民が協力してナタネを5反ほど作付けしており<BR>今は6分咲き程度ですが、かなり美しいです。<BR>地元民だけでなく、観光客がたくさん来ていて、すばらしい観光資源になってます。<BR>天気のいい日にはミツバチもたくさん来ていて、すばらしい蜜源になってます。<BR>いつのタイミングなのかはわかりませんが、町が搾油もしているそうです。<BR><BR>僕も昨年の9月頃田んぼにレンゲとナタネを蒔きました。<BR>来月にはミツバチを飼う予定です。レンゲの後の主要蜜源はこっちではミカンです。<BR><BR>あと、糧工房の建物は本当にかわいらしいですね。<BR>写真を見る限りでは素人のセルフビルドとは思えません。<BR>骨組みの接合部分の金物の他に工夫している点や、<BR>設計・建築時のコンセプト等があったら教えてください。
Posted by 伊豆の先っぽ at 2006年02月09日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。