2006年03月27日

青森県青森市 村上靖徳 1日目

こんにちは。青森市に住んでいます、村上靖徳と申します。朝田さんとは3月7日に青森県鯵ヶ沢町で行われました、白神アグリサービス主催、NPO法人グリーンエネルギー青森共催の「毛豆“風丸”を使った豆腐作りと農を語る交流会」に参加した際に始めてお会いし、その席で本稿掲載をお引き受けしました。本日より、@自分の自己紹介、Aその日の出来事(仕事中心)、Bこの冬の出来事、の3部構成でつれづれなるままに書いてみたいと思います。一応、「週刊スパ!」の田中康夫「東京ペログリ日記」も意識して。それってパクリじゃん!(←自分ツッコミ)

自己紹介1日目:32歳、既婚、男です。青森県つがる市出身で、青森在住は中学までと去年4月からの1年で計16年、今までの人生の半分を地元で暮らしています。もちろん現役の津軽弁ネイティブスピーカーです。最近、青森県内の都市部の若者の津軽弁ボキャブラリーの低下を一人懸念しています。高校は函館、大学は東京、社会人になって仙台(2年)→札幌(1年半)→東京(2年+出向3年の計5年)→青森(1年)と東京、東北、北海道をぐるぐる回っていて今に至るです。

3月27日(月)
午前。毎週休み明けは土・日・月の新聞5紙(東奥日報、陸奥新報、河北新報、日経、日経流通)に目を通してスタート。仕事に関する情報を見落とさない。新聞は月約3千円払えば膨大な情報を向こうから届けてくれる有力な情報媒体で誰もが入手できる公共のインフォメーション(information)。しかしより大事なのは誰でもが入手することができない情報:インテリジェンス(intelligence)。最低限インフォメーションは押さえる。
昼前に某住宅メーカーの青森支店長を往訪。昨年度まで3年間出向していた当時に知り合った同メーカー役員の紹介で実現。最近、山根一眞さんの「環業革命」で、山根さんの家は井戸水をタンクに溜めて、ボタン一つで屋根の上まで汲み上げて雨を降らせる人口降雨装置を設定していることに感動。効果としては、夏季の直接的な冷却効果、クーラー等を用いないCO2削減、大火事の際の延焼防止など。青森での普及可能性についてディスカッションしようとしたが別の話に。(写真は往訪場所近くからの八甲田山と雪谷スキー場)
昼は、仙台から支店長が出張で来青し、来年度の業務方針や地元金融機関との連携についてディスカッションしながらお弁当。
午後、青森県中小企業再生支援協議会に往訪。県内の中小企業の経営改善相談の内容等をヒアリング。零細企業が中心で3年間での延べ100社超の相談があるとのこと。帰社すると先日融資相談を受けた会社から決算書が届けられていた。拝見したのち架電し、資金ニーズ等をヒアリング。前向きに検討。土地売却の話もあり、今日面談した住宅メーカーに明日相談してみよう。22時半に帰宅。




この冬の出来事:
一昨日の出来事ですが、五所川原市で行われた「津軽鉄道の今日と明日を考えるフォーラム」に参加。地方民鉄の費用対効果検証や他地域の存続事例の発表のあと、津軽鉄道の現状と今後の取り組みを報告。私も「津軽鉄道サポーターズクラブ」に入会。津軽在住者の郷愁を誘う津軽鉄道。残念なことに宮城県のくりはら田園鉄道は2007年3月でバスに転換することにが最近決まったそうです。がんばれつてつ(津鉄)!応援します!写真はこの冬は役割を終えた?ラッセル車。今年もお疲れさまでした。





posted by LJ21 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。