2006年03月30日

青森県青森市 村上靖徳 4日目

4日目
自己紹介C:実家は農家。商品作物は米だけ。ただ近年は畑で取れた野菜や加工品を地元産直施設「ふらっと」(つがる市車力町)でも販売。最近よく新聞で農家レストランのオープン記事を目にする。今後は一村一品のように、「一村一店」で各地に作るべし。食材やオリジナルメニューは各家庭毎にあるのでそれを発掘・PR。鍵はマーケティング(利用者数と嗜好)と精度の高い経営計画(資金繰り中心)。後者は銀行員の腕の見せ所。あと経営者・調理者・サービスの人の能力も欠かせません。桜の時期には、タラの芽採り。写真は去年の妹。自分は農家の長男ですが、自分で探せる山菜はタラの芽のみ...。そんなんで跡継げるのか?(←自分ツッコミ)



3月30日(木)
午前、送別会続いたので体調不調。住宅メーカーに往訪し情報交換。昼食は「八森」で中華そばと梅おにぎり。午後はたまっていた事務作業。1社融資の提案に往訪すべく電話したが、特に必要ないとのことでパンフレットを送付するに留まり残念。既存取引先から今後の返済計画案が提示され所長と打合せ。18時から20時まで青森市スポーツ会館でカーリング。今シーズン最後なのではりきって望む。



が、隣のレーンのおじさんが指導してくれて、基礎練習に励み汗だく。カーリングは氷上のスポーツなので会場の気温は0度位なのですが、プレーする時は薄着がmust。汗ふきタオルも必携。疲れるのです。結局5エンド投げて満腹。隣のレーンでは、夕食を巡って試合をしていた。ハイレベル。実は3対4で1人足りなかったみたいのだが、そのおじさんが1人でいる人を入れてあげて4対4に。「やきにく〜」と言いながら投げてて面白かった。その加わった人がとても上手で驚き。自分もかつては草野球で「助っ人しましょうか」なんてしてたけど、カーリングでそんな人もいるとは。1つまた飲み会の話ネタをゲット。夕食はびっくりドンキーでチーズカレーバーグ300g。21時帰宅。



この冬の出来事:2月19日に初めて八戸えんぶり祭りを見る。写真は八戸市役所前での演舞台。想像以上に面白くて脱帽。さすがは国の重要無形文化財。「えぶり」という農具を持って豊作祈願をする祭りで訛って「えんぶり」になったそう。地元のおじいさん達が謡い、笛を吹き、鐘を鳴らし、子供たちも踊るという、田舎の純朴なコミュニティを垣間見た感じで楽しい。自信を持ってお勧め。




posted by LJ21 at 21:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村上さん このたびはご多忙のところ、当コーナーにご参加いただきありがとうございます。<BR>ウィスキー樽風呂の夕べは楽しかったですね。<BR><BR>その先日の鯵ヶ沢では、ちょっと借りてきた猫状態でした?<BR>仕事に、遊びにとってもアクティブで驚いています。<BR>カーリングって、見ていると氷の上でどちらかというと静かな動きに見えて、冷え性の私は「足元から冷たくなってきそう」と思っていましたが、汗をかくほどハードなんですね。でも、どこで汗をかくのか、やはりよくわかりません。こればっかりはやってみないと、ですね。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年03月30日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。