2006年05月01日

イタリア ウンブリアから 朝田今日子 7日目

午後、隣近所のカポッチ家の女の子、ジュリアが庭に咲いているふじとリラの花束を持って来てくれた。この間彼女の家で会った時に「わあー、いい香り」と言ったから持って来てくれたのだと気づく。14歳のジュリアには、私たち一家が日本に滞在する時にドッグシッターを頼む。動物に対する愛情と責任感は並々ならぬもので、安心してまかせられるのだ。 

自著の「オリーブオイルのおいしい生活」に彼女の話を書いたことがある。そこには、一家が豚の解体をする時、9歳の彼女が豚の目玉を転がして遊んでいたということを書いた。それはただの気持ち悪いびっくり笑い話の中に、両親が行なう豚の解体を通して彼女と食べ物に対する密接な関係を書きたかったのだ。 

ジュリアの家では10種類以上の鳥、ヤギ、ウサギなどたくさんの家畜を飼っている。何年か前、彼女が泣きはらした目で庭に座っているところを通りかかった。「どうしたの?」と聞くと、かわいがっていた子ヤギをお父さんが夕食用に絞めたという。その時はどう慰めたらいいのか言葉を失ってしまった。



彼女の動物好きは自分の子供の頃を思い出す。マンション暮らしで動物を飼えなかったが、近所の犬や猫の世話も一手に引き受け、近くにあった宮崎大学の農学部(4歳から4年間を九州の宮崎県で暮らした)の馬小屋に入り浸り、頭にワラをつけて歩いていた。あとから母親に聞いたのだが、「今日子ちゃんてちょっと匂うのよね」と近所で言われていたそうだ(笑)。しかし大好きな動物と自分の食べているカツやとりの唐揚げとは結びついていなかった。 

泣いているジュリアを見た時、彼女のような環境にいたら菜食主義になるのではと思ったが、今の所、いつもおいしそうに肉料理を食べている。動物は心底かわいがる。そこが彼女と食べ物の健全な関係を表しているように思う。(菜食主義が不健全と言っているわけではないよ) 

田舎に暮らすようになって、自分の食べているものは何からできているのか考えるようになった。以前もそりゃあちょっとは考えていたが、実際に畑や野で採れるもの、家畜を解体して作る料理は、素材の味を最大限に活用し、ごちゃごちゃと余計なものを入れなくなった。マヨネーズもケチャップもウスターソースもブイヨンも、変なサラダドレッシングも、もう何年も買ったことがない。私にとってはおいしいものを食べてうれしいと思うことは、自然との関わりを密接にしているのだ。


1週間お付き合いくださいまして、ありがとうございました。また、新しい場で書く機会を与えて下さった私と同じ名字の朝田くに子さん、どうもありがとうございました。 




posted by LJ21 at 09:35| Comment(1) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1週間、本当にとても面白い話のかずかず、<BR>ありがとうございました。<BR>「オリーブオイルのおいしい生活」もさっそく読んでみます。<BR><BR><BR>ジュリアの話も心に残ります。<BR><BR>家畜との距離のことはうちでもときどき意識<BR>します。先日は小3の息子に手伝ってもらって<BR>オスの子ヤギの去勢をしました。肉として最期に<BR>利用するため。<BR>楽しい作業ではありませんが特別気負わず坦々<BR>とやるようにこころがけています。世話をして大切<BR>に育ててそして最後は丁寧に食べる。<BR><BR>そういったことは世界中の田舎で日常の風景<BR>なんですね。<BR><BR>
Posted by 羽生飛人 at 2006年05月02日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。