2006年05月12日

新潟県岩船郡朝日村 鈴木信之 4日目

こんばんわ、疲れ気味の信之に代わりパートナー初登場です。
さっき書いたのにサーバー混雑していてあとで送信なんてことしてるうちに、消えてしまってがっかりです。どこへいったんでしょう私のコメント、ガックリです。
気を取り直し、再度トライです。

山のおいしさ学校食堂IRORIの紹介をします。少子化か合理化かよくわかりませんが、全国廃校ブームです。高根小学校もご多分に漏れず、123年の歴史に幕を下ろし、2000年3月閉校になりました。子供たちは10キロ離れた小学校までバス通学になりました。

1年2年と経つうちに、汚れた危険校舎となり、取り壊されるまでただそこにあるだけです。心のよりどころとして何とか残したい、活用する方法はないものか、と検討を重ね、2003年10月、食堂IRORIとして再生することができました。ここにいたる過程は、かなり苦労がありました。こんな山の中に食堂を作って、誰が来る?サルならいっぱいいるけど、とか、ろくな料理も出せないでお金をもらっていいものか、改修のお金はどうするか等など、できない理由は山ほど出ました。

なかなか話が前に進まない。こんな私たちの背中を押してくれたのは結城登美雄先生でした。たくさんの助言や事例を示し、私たちに勇気を下さいました。集落の多くの人たちの協力があって学校が食堂になりました。


教務室は食堂、校長室はそば打ち場、調理室は厨房に改修し、学校のイメージを残し黒板や椅子はそのまま使っています。料理は、新鮮な山菜、野菜を使った田舎料理、栽培したそばを石臼で挽き、手打ちそばとして、岩魚の塩焼き・燻製など、どれも手作りです。

スタッフは25人くらいで、主婦、働いてる女性や男性が兼業で関わっています。バイトの高校生もいます。料理係り2名、そば打ち係り1名、そばゆで・岩魚係り1名で交代でしています。営業日は、土日祝日で、11時30分開店、ラストオーダー2時30分です。平日でも10人以上で予約制で承っています。



廊下は直売場でもあり、山菜を採って持ってくるおじいちゃん、冬仕事に草履を編んだり、お手玉を縫ったお婆ちゃんのモノなどが売られています。お年寄りにはずーと元気でいて欲しい。毎日、家族のために食事を作り続けている主婦は、たまに学校に出て気分転換して、好きなこといいながら料理して、おいしいとほめられ、おまけにお小遣いがもらえる、こんないいことはない、と話しています。



山のおいしさをお客様に提供し、集落の人たちの技や力が学校に集まってみんなが元気になる。これがこの学校のコンセプトと思います。まだ、経営的な視点が欠けるせいか、収益はトントンから少しマイナスです。無駄が多いのかな?素人集団です。いまだにお金をもらうことにどこか抵抗を感じている。予想を下回るお客さんに余った料理は持ち帰り、今晩のおかずになることもしばしば・・・どなたかアドバイスお願いします。しかし、学校を通じて人と人との交流が始まりました。お金にならない部分のもっと付加価値のあるものも大切にしたいと考えています。



写真を載せたかったのですが、重くて遅いので割愛します。食堂IRORIで検索していただくと、学校が食堂に変わるまでの軌跡をご覧いただけます。
夫はすやすや眠っています。明日は登場できると思いますので、よろしくお願いいたします。



posted by LJ21 at 00:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初登場、ありがとうございます。<BR>昨年、うかがった折に撮ったIRORIの画像をアップしてみました。<BR><BR>山菜をありがとうございます。事務局で山分けしておいしくいただきました!高根の春を味わうことができました。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年05月13日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。