2006年06月05日

新任「京都府観光・コンベンション室長」青柳良明の喜怒哀楽 1日目

○日曜日の夜と月曜日の朝
日曜日の夜のテレビ番組は実に哀しく感じる。「サザエさん」が始まると、どうも心底喜べない。「明日の段取りは・・」など、余計なことが頭にボウフラの如く湧いてくる。
6月1日に人事異動があり、「観光・コンベンション室長」の辞令を頂戴した。僕は京都府庁に勤務する地方公務員。
公務員の仕事の範囲は広い。異動すれば「転職」したのと同じくらい質の違う仕事を担当する。その日から「プロ」の顔をしてあれこれと動き回る。今回の仕事は「観光」がメイン。京都の観光ということは「何でも知っている」ように見られてしまうが、案外、地元の僕たちが知らない名所が多く、首都圏の人たちに「教えて」もらうことが多い。
清水寺、金閣寺・・数えるほどしか行ってない、京料理の美味しい店・・そんな高いお店には行けない・・などなど。ああ、これから勉強だなあ。
月曜日の朝、朝刊を見る紙面がこれまでと違ってきたことに気づく。「地域のおもしろさ」
を追いかけ回している。
「観光京都」そう、京都という地域は、清水さんや金閣さんだけじゃない。北は日本海、
南は奈良県・三重県の県境。そんなところには「舞妓さん」はいない。でも、魅力あふれる地域が展開していることだろう。
そんな魅力を発見していきたい。
新任「観光・コンベンション室長」が京都を走り回る。
京都は30度近い暑さ。これも京都だなあ。



posted by LJ21 at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青柳さん、新しい部署に赴任早々お忙しいところに日記をお願いしてしまいまして申し訳ございませんでした。でも、「京都府観光・コンベンション室長」とは、京都での日々を書いていただくにはぴったりのところ!と、一週間楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by LJ21ウラシマ at 2006年06月06日 23:07
いえいえ、なかなか自分の日常を振り返るというのは楽しくもあり、恥ずかしくもありますね。頑張ります。
Posted by ローカルジャンクション21 at 2006年06月07日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。