2006年07月18日

千葉県浦安市 村田泰夫 1日目

17日は「海の日」で祝日である。私にとって、土日や祝日は「休み」ではないことが多い。いまは農林漁業金融公庫で働いているが、前職であった新聞記者をしていたころから、「怠け者の節句働き」が習い性になっている。平日は人と会ったり酒を飲んだり、のんべんだらりと過ごしているため、締切に迫られてくると、世間の休日に出勤し、原稿書きに追いまくられるのである。
17日は終日、農林公庫の機関誌に載せる原稿の仕上げに追われた。今年の5月の連休に有機農業推進議連の視察団に同行して見に行ったキューバの有機農業がテーマである。有機農業といえば、飽食の先進国で普及している農法で、食料確保に追われている途上国で普及しているはずがないというのが、私の先入観だった。ところが、世界の農業関係者の中で、キューバは有機農業の先進地として知られている。その秘密を伝えたくて、リポートを書くことにした。

秘密というほどのことはない。窮余の一策で始めたのが、振り返ってみれば世界のトップランナーに躍り出ていたというのが本当のところだ。1990年ごろまでのキューバ農業は、農薬と化学肥料を大量に使い、農場にはソ連製の大型農業機械が走る「近代的」な大規模機械化農業だった。サトウキビやタバコ、コーヒーなどのモノカルチャー(単作)農業で、砂糖などの輸出代金で工業製品や日常の生活物資を輸入する国際分業が経済の基本構造だった。

それが、1990年代初頭のソ連・東欧圏の崩壊で、キューバ経済は壊滅的打撃を受けた。共産圏諸国からの経済支援がとまっただけではない。農産物の輸出先を失い、見返りに輸入していた物資が入ってこなくなったのである。特に深刻だったのが、国民の食料確保である。

農薬や化学肥料、それにトラクター用の燃料がなく農業生産は半減した。そして、やむなく始めたのが有機農業である。当初は原始的な生産への回帰だったが、いまやその技術的水準は高い。しっかりしたバイオ技術に裏づけされているからである。

日本の有機農業技術だって捨てたものではない。キューバと遜色ないのではないか。でもキューバにあって、日本にないものがある。それは有機農業を推進し普及するのだという政府の支援策であり、行政担当者や研究者の熱い思いである。
posted by LJ21 at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東工大でロボット関連の小規模な、主として学生や企業人向けのサロン(参加者30人ぐらい)を3/19 17時から大岡山の東工大で行ないます。他には生研センターの小西達也氏に農業機械の話をしてもらいます。村田さんから学生たちにロボット技術を農業などに展開するおもしろさなどを1時間ぐらい話してもらえないでしょうか。

Posted by 広瀬茂男 at 2009年02月18日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。