2006年06月28日

ガーナ国アクラ 小林英里子 2日目

FI2621934_1E.jpgもう日本ではワールドカップ熱も冷めているかもしれませんが、ここガーナでは今日がまさに最高潮の盛り上がりを見せています。と言うのも、今日の午後3時から決勝リーグのガーナ対ブラジル戦が行われるからです!ガーナは今回ワールドカップ初出場で、出場できただけでも本当にすごいことなのに、予選リーグを2位で通過し、決勝リーグに進出してしまいました。

街を見渡すと、国旗をバンダナのように頭に巻いたり、車のボンネットに貼り付けたりと、街中に赤・黄・緑のガーナ国旗カラーが満ち溢れてとてもカラフルです。日本で日の丸がこんな風に多用されていたら奇妙な感じに思えそうですが、ガーナ国旗だとそう思わないのは何故なんでしょうね?

…結局ブラジルとの試合は3対0で終わってしまいましたが、ガーナチーム(ブラック・スターと言います)は終始果敢に攻めており、点を取れそうな場面もたくさんあり、本当に素晴らしい試合だったと思います。こんなことを言うと日本のサッカーファンに怒られそうですが、日本対ブラジル戦よりもずっと見ごたえのある試合展開だったと思います。

周りのガーナ人に感想を聞いたところ、審判の判定に不満を持っている人が多いようでした。確かに、1点目、2点目はオフサイドとも取れるゴールだったと思います。また、「審判はチェコ人だったので、予選でチェコを破ったガーナに不利になる判定をしたのだ」とか「前回のワールドカップのカメルーン戦の時も彼らに不利になる判定が多かった。黒人差別だ」という声もありました。

真偽の程は分かりませんが、スポーツのせいで卑屈になったり、偏見を持ったりすることにつながるのは本当に悲しいことだと感じます。初出場でここまで来られただけでも立派なことで、次回はもっと先に進めるように頑張ろう、と前向きに皆が思ってくれるといいな、と思います。


posted by LJ21 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。