2006年06月28日

ガーナ国アクラ 小林英里子 3日目

今日は朝7時から会議があったため、5時半起きだったので早くも睡魔が襲ってきています…。会議は日本、東アフリカのマラウイ、ザンビアとつないでのテレビ会議で、緒方理事長のもと在外事務所への権限委譲が進んでいる昨今はこうした形式での会議がとても多くなっています。

FI2621935_1E.jpgメールや電話でのやり取りと違い、画面越しでも実際にお互い顔を見ながら話ができるのはコミュニケーションを図る上でとても役に立つのですが、問題は時差です。特にガーナを含む西アフリカは日本との時差が9時間あるので、日本に合わせるとどうしても今日のように早朝からの会議になってしまいます。

今朝の会議は、9月から1ヶ月間にわたって計画されている日本での研修プログラムの事前打合せでした。この研修は、ガーナを含むサブサハラ・アフリカ5カ国から、教育行政に携わる方を2名ずつ日本に招聘して学校運営改善の知識を学んでもらおうというもので、主に金沢大学や金沢市内の小学校が受入先となります。これまでアフリカに行ったこともなく、アフリカの人と接した経験もない人たちが研修を行うことになるので、事前に各国の教育事情を伝え、どんなことを研修員に教えてほしいかこちらの要望を伝えるために会議が開かれたという訳です。

学校があっても先生が来ない、教科書がない等、日本では考えられないような基本的な問題を抱えていること、各学校が使える予算もごくわずかであること等、恵まれた日本の学校との違いを理解した上で、何を研修員に伝え学んでもらうか。単に日本のやり方を輸出するのではなく、それぞれの国のやり方に合った形を考え、帰国した後に少しずつでもそれを実践することが重要であること。こうした意識を関係者で共有できたのは、今日の会議の成果だったと思います。
それにしてもあ〜眠い…。



posted by LJ21 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。