2006年06月21日

静岡県静岡市 新村誠章 2日目

2日目です。
BTH2621929_1B.jpg 最近、愛(老)犬の夜鳴きに付き合い、体内時計がおかしいですが、今日も晴れです。庭のアジサイは綺麗に咲いています。

 あまり勉強も進んでいないのでいきなりですが、縁農隊の説明をさせていただきます。

〜〜〜

縁○農隊 

名称
 今年度はじめに、名称を険臟逝癲匹・蕷錙秬隊へと変更しました(本邸ο �錣了栓�税囲みたいのですぁ�充┐隆愀犬巴杷阿靴討い泙后法」
縁(エニシ)は繋がりを、○(円)は循環・持続といった意味を表しています。これは、団体の農の形の捕らえ方や、“つながり”をも表すものです。

団体の目標として
 理想とする“農(*1)の形”を探求(*2)し、
より多くの人が農とつながるための架け橋(*3)となる。を掲げています。
(*1 農を、環境や地域・個々人の生活と繋がる循環する・持続可能なものといった視点で捉えています。
*2 理想とする農の形は、現状のみに縛られず、援農活動や学習会、分析・調査、人との繋がり、それらを通した個々人の経験の中で見つけていけるのではないでしょうか。 そして理想の形というのは、新たな経験や知識により、常に進化し続けるべきものだ考えます。
*3 農と人とは、もともと地域、伝統や文化といったもので繋がっているものと考えます。その架け橋となるというのは、探求する理想の農の形を、学生や生産者、一般の方に提案し、それと触れてもらう機会を作るものです。)

簡単な経緯としまして 
援農隊として3年前に、活動開始。
当初は、援農活動として、静岡市の有機農業や広く環境配慮型農業をされる農家さんのところで、軽作業をさせて頂く援農(世間で言う援農活動とは少し異なるかもしれません)から始めました。
 学生には時間の有効活用と勉強、農家さんには未来の消費者への啓蒙活動と多少の労力、というメリットを考えています。
 活動を続ける中で、
・有機農業コンサルタントをされている方を招いての“土の学習会”
・農地土壌中の無機成分を調べる“土壌分析”
・学生で、実際に作物を栽培する“畑にTRY”
・参加者間の交流や情報交換の場を創る“お楽しみ” といったことも加わってきています。

 今月だと、お米や梨作りの手伝い、自分たちの畑の手入れなどをしています。


posted by LJ21 at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私は静岡市清水区に在住し、将来小規模な菜園を持つために、興津の農家で援農しながら農業を覚えさせていたきました。この農家は有機無農薬農業に取り組んでいるみかん農家でして、とてもおいしい安全なみかんを栽培しております。実は数年前に家主が亡くなってしまい、農作業がおっくうな次男坊と老体の奥さんがやっとで農作業をこなしています。とにかく手が足りなくて困っています。もし援農対象農家の登録システム等について、なにかご存知でしたら紹介していただけませんでしょうか。もちろん新村さんの援農隊も大歓迎です。よろしくお願いします。
Posted by 山崎史恵 at 2007年01月19日 22:26
山崎史恵様

コメントありがとうございます。あとレスポンスが遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

近辺で、当方以外に援農活動をしている団体は知りません。すみません。

そこで当団体の登録システムですが・・・
新しい方と、団体の学生・農家さんとが理念や行動、運営方法を共にできるか話させていただき決めさせていただいています。

一度、直接連絡を取らせていただきたいです。縁○農隊ブログ
http://blog.goo.ne.jp/ennotai/
の記事にコメントいただけないでしょうか。

新村誠章
Posted by 新村誠章 at 2007年01月31日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。