2006年06月07日

新任「京都観光・コンベンション室長」青柳良明の喜怒哀楽 3日目

昨日は祇園祭と鱧。そして百坪の畑の話をした。

鱧は実は高級魚である。京料理で口に運ぶことは相当な覚悟がいる。
みなさんにもっと食べていただきたいが、調理も難しいので「家庭の味」という訳にはいかない。お許しを。

さて、百坪の畑は、近々ニンニクが収穫できそうだ。
週に一回くらいの手入れでは「葉っぱもの」は難しい。
従って、ジャガイモ、タマネギ、里芋、ショウガ、枝豆、にんじん、ゴボウ、サツマイモをメインとして栽培している。冬場は、大根、ネギ、ワケギも。
失敗も多いがチャレンジのしがいがある。

明日から、天気が崩れるという予報。雨はうれしい。
畑の水やりが要らないから。
忘れていた、青ジソもアクセントに植えている。
菊とコスモスも回りを賑やかしてくれる。

京都市内は「町家」で食事をすることがブーム。
最近そういうお店が増えてきた。喫茶店を含めると200くらいある。
だけど、町家は維持管理が大変なので手放す人が多く、
空き家もあちこちにある。
取り壊されてマンションに変身する姿を見るのは京都の人間として哀しい。
観光活用もあるが、このブログをご覧になった方から活用提案がもらえるとうれしい。

観光担当になってつくづく思うこと。観光振興は「地域づくり」そのもの。
地域の人が望むまちづくりが、観光客・訪問者にも居心地が良い。
最近のテーマは「安心・安全」だろう。
この取組の先進事例があれば是非アドバイスがほしい。

お願い続きとなった。夜はまだ長い。


ラベル:町家 観光 京都府
posted by LJ21 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。