2006年09月02日

群馬県高崎市 早川亨 4,5,6日目

群馬県高崎市よりお届けする3回目です。
昨日自宅のパソコンが不調となったため、漫画喫茶なるところからお届けしています。外交的な私としては、決死の覚悟で入店しました。店員に「今日はいかがいたしますか」と話しかけられたのは気のせいだと思います。

   ・さて、2回目に紹介させていただきました高崎高島屋で開催しています「群馬のフィルムコミッション ロケ地の写真と活動展」が4日目となり、本日は群馬で活動する3つのフィルムコミッション(嬬恋村FC、高崎FC、わたらせFC)に、特別ゲストとして深作健太監督を招いた、パネルディスカッションが実施されました。

CIMG0955.JPG

「フィルムコミッションって、何!?」と題しまして、フィルムコミッションの活動がいかに地域と、地域に住む人々とつながっているか、をテーマに意見交換を行いました。

「フィルムコミッションは映像制作をサポートし、地域との結びつきを大切にするものである。ただし、地域には独自の風土があり資源がある。フィルムコミッションというのは映像制作をサポートし、地域と結ぶことを目的としたあくまでひとつの手法であり、地域ごとにいろいろなサポートの仕方、結びつけの仕方がある」

FCという手法はすべての地域に当てはまるわけではない。身に沁みます。FCだけに限らず、一つ一つの地域により地域振興のあり方は異なってくる。当然のことですが、つい隣のきれい(に見える)ところに目を向けてしまったりもします。まずは地域ありき、常に頭に入れておきたいと思います。

面白い発言では、「群馬産ブランド映画」というもの。「群馬で撮影がされたものは群馬産ブランドとして誇りにしましょう!」というものです。
複数の都道府県にまたがって撮影される映画が多いのですが、それでもこのような視点で映像を楽しむのも面白いかもしれません。
ということで、今後は映画のエンドロールまで見ていただきまして、群馬県の自治体や群馬のFCがありましたら、群馬産ということで皆様、よろしくお願いいたします。


 ところで、裏方というのは何事も大変なもので、このパネルディスカッションの最中も裏方担当は大忙し、話を聞いていることもなかなか難しいのです。お客様の案内、調整、呼び込みなど多岐にわたり、私も自分なりにがんばっておりました。


CIMG0942.JPG

自慢ではありませんが、なかなかの勇姿です。名前は「ゆうまちゃん」です。

CIMG0941.JPG

踊っています。

群馬の馬をかたどる県の(ファンキーシー)キャラクターです。「ゆるきゃら」としても名をはせるこの姿、私もこの役を演じることが決まったときは感動のあまり控え室の隅で涙を流しておりました。最中は全身から大粒の涙

がんばったおかげで近くにいたのにディスカッションの半分は聞こえていませんでした。集中していたためで、音が届かなかったわけではないはずです。

ちなみにぬいぐるみから文房具まで、「ゆうまちゃんグッズ」は県庁2階で販売しておりますので、ぜひどうぞ!!!



ところで、本日も物産展より特産のご紹介です。

甘納糖処「芳房堂」です。

CIMG0971.JPG

CIMG0970.JPG

ここの名物はなんといっても栗甘納糖初霜です。
栗の甘納糖というと、黄金色に輝く姿を思い浮かべますが、この一品は渋皮をそのまま残して作られています。初霜を思わせる姿から命名したとのこと。
最近では渋皮を残した甘納糖を和菓子のお店でも見かけるようになったとのことですが、どうやら一番初めに作ったのはここではないか、とのこと…
また、和菓子の手法では「ぎゅっと」押し詰めてつくるため、比較的硬い、乾いた食感になるそうです。逆に、甘納糖の手法でゆっくりとつくると、この一粒を口に入れたときにわかりますが、水分が適度に残りふっくらとしていて、栗の香りが広がります。グラッセと違い栗そのものの香りを楽しめるのも甘納糖ならではです。贅沢な一品(もちろん栗は国内産。しかもかなり大きい)

そして個人的にお勧めなのが「ふき糖」

CIMG0972.JPG

ひさしぶりに試食で口に入れましたが、「はぁ〜 うまいですね〜」とため息をついてしまいました。
これは、一口で食べてはいけない代物です。切られた断面をみると、そのふきの水分で輝くのです。これ以上ないエメラルドグリーンからあふれる水、その海に飛び込んで行きたい!と思わせるすばらしき一品

もちろん厳選されたふきを使用しているため、すじなどまったく気にすることなく、かすかな苦味と甘さが同居し、ふきの香りが全身に広がります。1日1本だけ、食べたい。食べて生きたい。食べさせて。そんな一品、脱帽です。

ちなみに1袋購入。試食でうまい、と言った時点で、「若いのにめずらしいねぇ」と言われ、うれしく感じていましたが、購入にいたり、「若い人が買ってくれるなんて初めて」「若いのにこれをおいしく感じるなんてねぇ」「ほんとうは…」

とやや疑問符がつくように。
そそくさと退散いたしました。真実を語ることがすべての人を幸せにするわけではないはず。

明日の昼下がりは縁側で日本茶とふき糖をいただきます。ありがとうございました。


posted by LJ21 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんへ

タイトルを間違えてしまいました…

345日ではなく456日でした
なおりますでしょうか?
Posted by はやかわ at 2006年09月02日 21:50
おやすい御用でした。変えておきました。

さて、はやかわさん!またしてもおもしろすぎます。
ゆうまちゃんがはやかわさんに見えてきました。
思わずクリックしてみたけれど、画像の大きさが同じで残念!!!

それと「ふき糖」の描写力。タダモノではありません。すっかり口に含んでみたくなりました。
最近、めっきり歳を感じているので、きっとおいしく感じる・・・かも。

ちょうどご当地映画についてドタバタ日記の方にアップしました。
ワタシ、「ここに泉あり」で開眼しちゃったようです。映画と地域と、そして群馬に。

映画づくりって、そういうことなのかも。

でも、ゆうまちゃんが表現する群馬のゆるさもなかなかです。ご当地着ぐるみ特集というのもやってみたくなりました。


Posted by あさだ at 2006年09月02日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地域に根ざした映画シリーズ 「白い船」@島根県出雲市平田
Excerpt: 先日、お伝えした群馬交響楽団の草創期を描いた「ここに泉あり」は、りっぱな地域の財産です。 当時の熱い思いを今に伝え、常に振り返ることができます 群馬県人でなくても、思わずよくやった!と涙し、先人の思い..
Weblog: LJ21事務局ドタバタ日記
Tracked: 2006-09-02 23:03

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。