2006年09月13日

山形県金山町 井上亘 3日目

スウェーデンではグリーンフラッグというヨーロッパ17カ国が参加して認証しているエコスクールが1,300校あるそうで、今回伺った2つの幼稚園もグリーンフラッグの認証を受けている園でした。そこでは親と教師がプロジェクトチームを作り、その園独自の目標を定め、それらの進捗状況を報告書にまとめて提出することで認証を継続することができるという仕組みだそうです。
flag.jpgちなみに我々が伺ったベクショー市のステンホルメン幼稚園では
1.週に1回は森に行き、月に1回は外でランチを食べる。
2.季節毎に1度は、子ども達と一緒に園庭で料理をして会食を楽しむ。
3.日々の食事にはできるだけエコ認証を受けた食品を利用する。
4.ゴミの分別リサイクルを子どもと一緒に行う。
5.子ども達が体を動かすことに興味を持つように働きかける。
といった実に具体的な目標が掲げられ、それについて真剣に取組んでいました。

その他にも「森の幼稚園」といって、毎日森の中に出かけて行き、その中で一日中遊んだり、ご飯を食べたりという、園舎を持たない幼稚園も見学しました。子ども達は1年を通して、外で活動することで、自然と共に生きていることを体を通して感じていく、そんな幼稚園です。

ウプサラ市のオパーレン幼稚園では、さらに「持続可能な開発を行う幼稚園のモデル」としてスウェーデンの教育庁から認定を受けて、親と教師が一体となって活動に取組んでいるようでした。この園のキア園長先生がおっしゃっていた「How to live good life」「Good Friends = Listen & Talk」という言葉が印象に残っています。これは我々の園の考えていることと深く共通しているからです。

cia.jpg

そして幼稚園の壁にかけられていた「Life-Link.org」の額の中に書かれていた

greenflag.jpg

Care For Myself
Care For Others
Care For Nature & Lets Get Organised!

という言葉は、我々の園では

自分を愛する子
人を愛する子
自然を愛する子  そんな  愛する人に育って欲しい

という言葉で表現しています。子どもや地球環境に関する考えは世界共通ですね。


posted by LJ21 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。