2006年09月14日

山形県金山町 井上亘 4日目

スウェーデンのベクショー市は’96に「脱化石燃料都市宣言」をしたことで一躍世界的に有名になりました。’10までにCO2の排出量を’93と比較して半分に削減するのが目標で、現時点で約25%の削減を達成しています。特に暖房の熱源については’93の時点で石油44%、木質バイオマス39%の割合だったのに対して、’04には石油9.5%、木質バイオマス84%まで再生可能エネルギーに変換してきました。

KIM.jpg

現時点でのCO2の年間排出量を見ると、アメリカ20t/人、日本9.3t/人、スウェーデン6t/人、ベクショー3.5t/人ですが、ベクショーでは更に'10までに2.3t/人にまで引き下げる計画です。そのため今年は全面的な環境政策の見直しを行い、目標達成のための具体的な行動計画を策定し直したそうです。
金山町でも昨年「新エネルギービジョン」を策定しました。その中で、今後100年かけて、CO2の排出ゼロを目指すという究極の目標を掲げ、その第一歩として今年度中に「木質バイオマスの具体的な利活用に関する詳細ビジョン」を策定し、木質バイオマスを利用したボイラーの導入や地域熱供給の可能性について詳細に検討していく予定です。

我々の会では、子ども達の未来のためには、化石燃料に頼らない再生可能なエネルギーの利用がどうしても必要であると考えています。イラク戦争に見られるように石油は地球環境の破壊だけでなく、戦争という子ども達にとって最もあってはならない現実を突きつける元凶になっています。

小さくても、少しでも、自分のできることから取組んでいくことが、我々大人の責任であると考えています。

UMA.jpg


posted by LJ21 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。