2006年03月06日

東京都墨田区 川上香 1日目

博物館な私

皆様はじめまして。山村のくらし、島のくらし、そしておいしいものが大好きな川上香と申します。江戸東京博物館に勤務しております。私の今週をつれづれ、レポートさせていただきます。
今日は勤務先のPRを!
江戸博は両国の国技館のとなりにあり、江戸から東京オリンピックまでの歴史と文化を展示している博物館です。
BTH2363448_0B.jpg分館は小金井公園にある江戸東京たてもの園です。失われいく、都内の建造物を収蔵している野外博物館で現在は27棟を公開しています。宮崎監督の「千と千尋の神隠し」の不思議の町の舞台といわれております。
ふらふらと、たてもの園に遊びにいきました。写真はたてもの園のある、小金井公園です。都内の桜の名所ですが、まだ桜の蕾は固いです。

BTH2363448_1B.jpgかわりにサンシュの花が満開でした。公園では梅まつりが開かれていました。桜祭りは4月の7・8・9日だそうです。


BTH2363448_2B.jpgたてもの園の中の吉野家。三鷹市の豪農の家でした。たてもの園はスタッフが少ないのですが、パワフルなボランティアさんが大勢きてくださっています。ボランティアの会を「ひじろ会」といいます。多摩の方言でいろりのことを「ひじろ」というのだとか。その名のとおり4棟ある民家で、いろりに火を入れて屋根を守ってくださっています。地域の方も大勢応援してくださっており、ありがたいことです。

私の今の夢は、地域の皆さんや学生さん達と、たてもの園で聞き書きをすることです。対象は、たてもの園で収蔵している建造物がかつて建っていた頃のご近所の方々や、たてもの園ができる前にここで農業をやっていた方、建築にかかわる職人さんなどなどです。それをもとに展示できたら、たてもの園がもっと魅力的になると思っています。

BTH2363448_3B.jpgそれから環境をいかして日本みつばちを飼い、子供たちと観察し、蜜蝋をつくって、民家の床に塗るとか(今は戸袋などにイボタ蝋を塗っています。)。蚕を飼うとか。実現できたらうれしいです。

そして3月26日(日)に江戸東京博物館ホールにて第4回「森の聞き書き甲子園フォーラム」が開かれます(林野庁・文部科学省・国土緑化推進機構・NPO樹木・環境ネットワーク主催)。100人の森の名人に高校生100人がそれぞれ聞き書きに行くという聞き書き甲子園。今年も素晴らしい名人と高校生による聞き書きの成果が聞けそうです。http://www.foxfire-japan.com/program/forum.htmlぜひ、皆様おこしください。

同日に小学生・中学生を対象とした「竹細工に挑戦してみよう」も会議室で開催されます。10時から12時まで。30名で竹笛・竹鉄砲をつくります。往復はがきに氏名・学年・住所電話を書いて、墨田区横網1−4−1江戸東京博物館「竹細工に挑戦してみよう」係にお申込ください。参加費100円。お申込は3月11日必着です。(HPに情報をのせていません。)

本当にPRになってしまいました。ごめんなさい。




posted by LJ21 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。