2006年02月21日

宮崎県川南町 河野秀樹 1日目

はじめまして。
宮崎県川南町の河野英樹(かわのひでき:写真、表彰状を持っている男)と申します。
「今週の私」を担当することとなり不安な気持ちでいっぱいですが、やったことしか、やろうとすることしか、話せない!と開き直り明るく書いて行きたいと思います。
皆さんどうぞよろしくお願いします

BTH2331693_0B.jpgさて、今週のスタート日曜日(2月19日)に、宮崎県社会人ラグビー7人制大会が開催され、私が代表を務める「川南ラグビークラブ」が2年連続で優勝を果たしましたので、
1日目は、このラグビーの話題からさせていただきます。スポーツネタなのでこのブログで登場することがかなり少ない(いや、全くない)と思いますが、あえてチャレンジさせていただきます。

通常、ラグビーは1チーム15人でするスポーツなのですが、同じ広さのグラウンドを使って7人で行う大会も年に1回あるのです(相当疲れます)。
実は15人制においても、昨年11月に開催された第31回全九州クラブラグビー選手権大会で宮崎県勢としては23年ぶり(23年前もウチのクラブが優勝)の九州制覇を果たすなど、九州ラグビー界では少しは有名なチームなのです(自分で言ってしまった)。
人口18,000人にも満たない小さな自治体「川南町」の中に、九州ナンバーワンの取組、成績、組織が存在することは珍しいのではないかと考えています。

私は、この人相や体格が一見恐そうな若者たちと、30年先の川南町を「地元学とラグビーを通して、強く!賢く!面白く!」しようと本気で頑張っています。
その取組としては、地域に流れる川の清掃や、地元商店街の地元学、各集落のあるもの探し、練習場や試合場でのゴミ拾いやトイレ清掃、通学時の早朝交通安全立ち番指導など、住民の皆さんに喜んでいただける活動をやり続けようと、ぼちぼちながらも進めています。
クラブ運営を、単なる「強さだけの追求」に留まらせないこと、有り余るパワーやエネルギーを地域の活性化につなげる仕組みや活動に整えることで、私たちの存在価値を高めて行きたいとも考えています。
これをきっかけに川南のラグビーもよろしく御指導ください。


川南町には山、川、大地、そして海(漁港)もあります。農業粗生産額では九州で6番目(約188億円:平成15年産)の農業と漁業が盛んな町です。
しかし、問題もあります。よく言われるのが@どこにあるのかよくわからない。A地域のイメージがない。などです。
そんな川南町の現状や魅力(あればの話しですが)、暮らし方など皆さんに知っていただくために少しでもお届けできたら、と考えています。
慣れないこと(ブログへの書き込み)ですが、どうか大きな心でおつき合いください。



ラベル:川南町 宮崎県
posted by LJ21 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。