2006年02月07日

埼玉県羽生市 雨読晴耕村舎(糧工房) 後藤雅浩 2日目

コメントありがとうございます。

(明治時代は何をしていたところでしょう?)
BTH2292024_0B.jpgこのあたりの大地主だったようです。当時の"地主”というのが地域の中でどうゆう役割をしていたか、これは面白いテーマかもしれません。小作人たちのつくった米を集め米相場をヨミながら売るという商社のような機能もあったようです。近所の古老に聞くと
「ここんちに奉公することは近在の若い衆のあこがれだった」とも。
会社のような機能もあったんでしょうか。いろいろな文化人が滞在した、という記録もあるようです。地域の文化や教育的な役割も担っていたかもしれません。
それも今は昔。「ここんちの若い人は小作人をやっている」と老人達は可笑しそうに話しています。

「モンキー」とポーズしているのはその小作人のこせがれです。

(天然酵母のパンが・・・・)
糧工房の天然酵母のパンは地元の青年(平川君)が焼いてくれています。
おいしい、という評判でたくさんのお客さんが来てくださるようになりました。
先日は地域の中学生が総合学習で平川君指導のもと素晴らしいパンを焼いていました。開店して半年しかたっていないのになんという幸せな日々でしょう!
農閑期の今、僕も新商品の開発のためパンとクッキーを少々焼いています。
のりのりさんも遊びにいらしてくださいね!

BTH2292024_1B.jpg左は今のレンゲの状況です。根っこを掘ってみると空気中の窒素分を貯めはじめているのか根瘤が出来ています。




(計算とかデザインとかを超えて・・・・)
田園での環境と向き合うとき都市で言われるデザインよりかなりお腹にずっしりくるところでの勝負になるように感じています。
右一番上の写真は今の私の田んぼの状況です。
藁の霜よけの下にレンゲとスズメノテッポウ、菜の花などが冬場のふりそそぐ太陽光線を利用しています。
右に5月の蜂の箱を置く頃の写真も入れてみます。田園の風景は詩的で美しくドラマチィックに変っていくだけでなく生産や生活という意味を細部にわたってもっています。
田んぼから米だけでなく、蜂蜜が採れるなんてなんて素晴らしいことでしょう!

BTH2292024_2B.jpg左の写真の右のほうに見えている背の高い草はパン用のライ麦です。




BTH2292024_3B.jpgなんだかこうして3ヶ月後の田んぼの状況を見ると
うきうきしてきます。

今日は明日の早朝焼くパンの仕込みをしました。
1次発酵はだいたい12時間。4時ごろ糧工房に行き、成型、2次発酵。夕方焼くパンの仕込み。
そして焼成。そのパンをもって家に帰り朝食です。



ラベル:羽生市
posted by LJ21 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。