2006年10月12日

東京品川 渡邉尚 3日目

三日目
shaku01.jpg

午前中にプライベート畑『雑‘s(ザッツ)農道場』(三反)で今年大豊作の「落下生」と「枝豆」を納品して頂く業者さんへ打ち合わせにいく。ちなみにこのお宅の主人は60歳から4人の子供を授かり、しかも最後の二人は自宅で家族だけで生んだというつわものでもあります。午後は、九品仏にある「エコ雑貨倶楽部」事務所にて、京都にて行うイベントの打ち合わせを行う。普段、電車とバスが苦手なわたくしは、都内での動きは自転車にしている。今日は移動中の雨が気持ちの良い季節だなーと感じる日でした。

さて、わたくしが日頃大切に考えていること。について。常にバランスを保つ為に意識している事があります。「農」「家族」「宗教」「芸術」 です。今日はわたくしの「芸術」の一部であり、わたくしの宗教感にとってもかかせないことの一つについて紹介します。週に一度通っている「尺八道場」です。現在住んでいる「本郷ハウス」の近くで電柱に貼ってあったビラ「『尺八道場』謝礼無用」の文句が縁で、6月から通っています。もともと尺八との縁は、坐禅仲間のアメリカ人から借りた一本の尺八から始まったのだが、先生について譜面を見て演奏するのは、気が進まなかったこともあり、今回がはじめてでした。今までに若い人はわたくしだけで後はおじさんだけのこの会でしたが、今日はなんと一挙に2人の若い人が入門してくると言う快挙があり、先生はじめ皆さんうきうき浮ついた感じでした。そして今日ははじめて芝公園駅前にある屋台にて一杯やりました。先生の話はいつも日本人は本当にすごい、日本の文化は本当にすごいという事の話になります。さすがに年の功、聞いていてはじめて知る事も多くあります。そして、「まだまだ日本も捨てたもんじゃない」というのが口癖です。いつも楽しい尺八の会です。

shaku02.jpg
shaku03.jpg

さて、わたくしのつれあいのおなかには年明けに生まれる予定の子を授かっています。夜に尺八をおなかに聞かせていますと母子ともに聞きながら落ち着いて安らかになっていきます。胎教にもオススメですし。尺八を吹くという事は「自分の胆力」と「自分の心身」の状態を知る事ができるバロメーターになります。

昨日出会った亀「亀吉」は、やはり出会った「金谷ハウス」周辺に返すことになりました。


ラベル:尺八
posted by LJ21 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、道場に興味があります。
本郷に住んでいて、スタバ前あたりの「『尺八道場』謝礼無用」を拝見し、是非一度ご指導いただきたいと思っています。ただ、いかんせん水曜日の都合がなかなか悪く、二の足を踏んでしまっています。
もし、ほかに水曜日以外にも機会があれば、是非教えていただきたいと思います。
突然の書き込み、失礼しました。
Posted by たなかはじめ at 2006年10月31日 00:33
不定期で、日曜日もやっています!!メールをいただければ、連絡先をお知らせいたします。
Posted by 渡邉 at 2006年12月26日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。