2006年02月11日

埼玉県羽生市 雨読晴耕村舎(糧工房)5日

BTH2302069_0B.jpg BTH2302069_1B.jpg

今日はにんにく畑の草削りや母屋と離れの間に3坪の寝室小屋をつくる段取りに。
アメリカから来られたマイク・チェン博士の弾くピアノを聴きながらの作業。

今日もコメントありがとうございます。

やぎのユキちゃんの現在
園児さんより

餌の関係や管理の関係もあり現在、彼女は雨読晴耕村舎の敷地におります。
糧工房の敷地に彼女とその子供達用の囲いと小屋ができたらまた移そうと思います。
糧工房の敷地は畑、果樹、作業小屋など春から総合的につくってゆきます。
堆肥づくりや土作り、無農薬栽培や畑管理など関心のある方が参加できるようにするのもいいかな、と考えています。興味があるようでしたら連絡先を書いて下記まで
糧工房FAX0480−68−5892

また「都会での小さな食べられる庭づくり」についてのミニレクチャーをやる予定があります。(入場無料ですがスペースが小さいので10人くらいまでです。)

日時 2/21 pm7:00〜pm8:00くらいまで
場所 埼玉・住まいの会 事務所
 さいたま市大宮区桜木町1−1−11
 棚沢ビルペントハウス
問い合わせ 平日 午後1時〜5時
 telfax 048−657−0144
 或いは048−565−4364(後藤まで)

パネラー 
 橋本健一(小さな食べられる庭実践者)
後藤雅浩(雨読晴耕村舎)
右の写真は橋本邸庭でのトマト収穫風景

BTH2302069_3B.jpg内容 ・小さな庭を「食べられる庭」にするには
 ・土作り 
 ・家庭の生ゴミなどの堆肥化、雨水利用
 ・間作、混作、連作障害回避、立体的な庭利用
 などなど




ラベル:埼玉県 羽生市
posted by LJ21 at 09:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
展示会のためにスプラウトサラダを育て始めました。
試しに東急ハンズで購入して。
食育フェアでは、私にとって(おそらく多くの人にとっても)興味関心はあっても遠かった農業との距離が、食育をキーワードに、部分的に縮まっている印象を持ちました。
ハンズで売っているのも現象のあらわれかもしれません。
キッチンがダイドコロと呼ばれていた頃、農業は食べる営みに深くかかわっていました。
私が体感している中でも、40年程前はそうでした。
私達は、新規なかたちで原点帰りをしながら、農業に次の方向を模索しているのかもしれません。
後藤さんが言うように、ココには鍵がありそうです。
2月24日〜4月9日に銀座のTEPCO銀座館で「どこでもキッチン」という展示会を行います。
http://www.docodemokitchen.jp/
銀ブラついでにいらしてください。
Posted by どこきん at 2006年02月11日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。