2006年10月23日

長崎県長崎市 政清賢志 1日目

皆様はじめまして。
今日から一週間、「今週の私」を担当させていただくことになりました、財団法人ながさき地域政策研究所の政清(まさきよ)と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

私は、長崎県長崎市に在住し、地域行政に関する提言を行うシンクタンクに
勤務しています。長崎県内のさまざまな地域における課題や問題を解決するために、その地域に根ざした視点で調査研究を行い、その結果に基づいた政策を提言することを業務としています。という言い方をすると何だか堅苦しいことをやっているように見えますが、要は「まちづくりのお手伝い」が私の仕事です。

さて、私は、まちづくりのお手伝いということで県内各地を飛造回っています。そのような仕事の中で、ご縁があって「今週の私」を書かせていただくことになりました。そこで、初日の日記として、今回この「今週の私」を
書かせていただくきっかけになった場所、「雲仙市」の簡単な紹介を書こうと思います。

雲仙市は、サッカーで有名な国見高校があるところです。長崎市内から車で約1時間、島原半島の北西部に位置する人口贈万人程の都市です。
雲仙岳や雲仙・小浜温泉(県内屈指の温泉地)を有し、橘湾や有明海に面するなど自然環境に恵まれています。日本最初の国立公園である雲仙天草国立公園及造島原半島県立公園に指定されている地域でもあります。
雲仙市は体験型観光の推進や観光ガイドの養成など観光振興への取り組みが盛んです。

また、県内有数の農業地帯でもあるため、農業の振興にも力を入れており、
農産物直売所などもたくさんあります。その他、たくさんの魅力が雲仙市にはありますが、百聞は一見にしかずですので、私が下手な文章で長々紹介するより、長崎にお越しの際は、是非、雲仙市を訪れてみてはいかがでしょうか。雲仙市は、四季折々色々な表情を見せてくれます。
素敵な出会いや感動が皆さんを待っていると思います。

unzen3.jpg
棚田の風景

雲仙市に関する詳しい情報は、雲仙市のホームページをご覧ください。

2日目以降は、私がこれまでに携わってきた業務や
日々の出来事などについて紹介していこうと思います。


ラベル:長崎市 雲仙市
posted by LJ21 at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつのまにか雲仙市になったんですね。
当方、長崎を離れて25年久しぶりに地元の話題で1週間楽しみです。
期待してます
Posted by かな at 2006年10月23日 19:28
そうなんです。
平成17年10月11日に、国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町の
7町が合併して雲仙市となったんですよ。

地元って、いつまでたっても気になるものですよね・・・。

今週、少しでも楽しんでいただけると幸いです。
Posted by 政清賢志 at 2006年10月25日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。