2006年10月29日

長崎県長崎市 政清賢志 7日目

本日、最終日は、長崎を代表する祭り・イベントである
「長崎くんち」と「長崎ランタンフェスティバル」について
ご紹介させていただきます。


まずは、日本三大祭りの一つに数えられ、日本と海外伝来の文化
の融合した独特の風情をみせてくれる「長崎くんち」です。

360年の歴史と伝統があり、秋の長崎を代表するお祭りとなって
います。
長崎市民の氏神様である諏訪神社の秋の大祭で、旧暦の9月9日に
行ったことから、9日すなわち「くんち」と呼ばれるようになった
と言われています。
この祭りの最大の特徴は、他から受け入れ模倣したものではなく、
評判の歌舞伎や、出島や唐人屋敷の風俗に、町人が年毎に工夫を
加えて育て上げてきた町人による奉納であるということです。
歴代の長崎奉行が経費を貸して保護したため、年々盛大になって
いっています。踊町(おどりちょう/出演者)は、「龍踊り」、
「コッコデショ」などそれぞれ歴史を誇る自慢の演し物を持って
おり、7年に1度、出番がまわってきます。
また、「長崎くんちの奉納踊」は、昭和54年に国の重要無形民俗
文化財に指定されています。


kunchi.jpg


続いては「長崎ランタンフェスティバル」の紹介です

もともとは、長崎在住の華僑の人々が、中国の旧正月を「春節祭
(しゅんせつさい)」として祝う行事として行っていたお祭り
ですが、規模が拡大し、今では市内全体の祭りとして、長崎の冬の
風物詩となっています。
開催期間中は、新地中華街、唐人屋敷跡をはじめ、浜市アーケード・
観光通りなどの市内中心部に、約1万2千個のランタン(中国提灯)が
灯されます。また、湊公園をはじめとする各会場には、龍、鳳凰、
獅子などを象った大型のオブジェが設置され、街は中国一色に染まり、
幻想的な雰囲気に包まれます。
また、中国雑技、龍踊り、胡弓演奏や、清王朝をイメージし、豪華な
中国服を身にまとった「皇帝パレード」、江戸時代に実際に長崎で
行われていたという「媽祖行列」など、多彩なイベントも行われます。


rantan.jpg


この一週間、私が携わってきたお仕事や長崎県の観光情報について
お伝えさせていただきましたが、このような機会を与えてくださった
朝田様に感謝申し上げるとともに、これからも地域の皆様の様々な
活動を微力ながらサポートできるよう努めていきたいと思っています。
posted by LJ21 at 17:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪の税理士事務所さんのサイトに全国の祭りパーツがありました。
長崎くんちもありました!個人的には長年行こうと思いつつ、早何年だろうか・・・
ちょっと興奮したのでこうやってコメントしてみました!
ネットって結構面白いですね!
http://www.cg1.org/parts5/
Posted by 税理士 at 2009年05月26日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26412747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 長崎ランタンフェスティバル長崎ランタンフェスティバルは、長崎市で行われるイベント。昔から、長崎に住む華人が旧正月を祝う祭りを中華街で行っていた。1994年より長崎市全体でのイベントとなり、中華街以外の..
Weblog: 街-NAVI
Tracked: 2007-08-01 13:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。