2006年11月06日

福井県池田町のまちづくり1日目 溝口淳

〜池田町からこんにちは!〜

みなさん、はじめまして。
福井県池田町役場の溝口と申します。

いろいろなご縁で
今週は、私が福井県池田町のまちと人をご紹介しながら、
ブログを担当させていただきます。
よろしくお願いします。

★池田町ってどこ?
福井県池田町は、福井県でも山の方にあり、
足羽川(←東尋坊のある三国湊に流れ込みます)の
最上流地域にあります。
人口は約3,500人の小さな町です。
山々に囲まれた盆地にあって、
最近は、朝晩の冷え込みが厳しく、紅葉の色づきもぼちぼち
でてきたという感じ!です。

★池田町の特徴
さて、私たちのまち池田町のイメージをわかっていただくため、
ざっくり申し上げれば、3つの点に集約されます。


その1:環境・農業のまちづくりで先進的な町
その2:住民が元気な町
その3:合併をしなかった町

★環境・農業の取り組み
今日は、その1の環境・農業のまちづくりの「さわり」を
ちょっと説明させていただきます。

まず、池田町は、本年1月に社会経済生産性本部の
自治体環境グランプリを受賞いたしました。
受賞をした理由としては、多くの取り組みを地域の住民が力をあわせて
取り組んでいることにあり、実際にうちの町では、

1 町独自の有機農業運動 「ゆうき・げんき正直農業」
2 1億円のアンテナショップ 「こっぽい屋」
3 生ゴミ堆肥化の事業 「食Uターン事業」
4 廃油再生・利用と菜の花生産の 「菜の花プロジェクト」
5 環境NPO法人の 「環境Uフレンズ」
6 池田町の農地保全を担う 「財団法人 池田町農林公社」
7 地域住民主体のミニコミ誌づくり 「環境パートナー池田」の「かえる通信」
8 商店と環境の協働事業 「エコポイント事業」
9 地域の雑草生態系から環境を守る 「セイタカアワダチソウ撲滅運動」
10 廃油から心を揺らすろうそくイベント「エコキャンドルイベント」

ということをしています。

外の方からみると、
「そんなにいろんなこと、どうしてできるの?」と言われるのですが、
自分たちではあまり「たいそうなことをしている意識」はなく、
みんなができることを力を合わせてやっているだけです。

そして、役場にいる私は、
役場の職員として、また町の住民の一人として、
みんなといっしょに日々環境のこと、まちづくりのことに
関わっております。

池田町の自慢は、
何にしても、人の力が優れているということだと思います。

今週は、いい機会をいただきましたので、
いろんなことに関わっている役場職員及び個人の立場から、
池田町の人の取り組みを通じて、
小さな町のまちづくりへの挑戦について
紹介させていただきたいと思います。

それでは1週間、よろしくお願いいたします。



posted by LJ21 at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
溝口様

kai@農文協です。「デザイン大学」ではお世話になりました。1週間、楽しみに拝見させていただきます。
Posted by kaiです at 2006年11月06日 09:34
こちらこそ、その節はお世話になりました。
見られていると思うと緊張します・・・
日本農村力デザイン大学のHPやブログもまたご覧になってください!
11月3・4日は、宇根豊さんと天笠啓祐さんをお招きして、農業、グローバル社会について考える講義でした!
Posted by 溝口淳 at 2006年11月06日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。