2006年11月28日

石川県金沢市 宮本日佐美 2日目

★夫のだめ出し
 昨日のBLOG「記事」を読んで、夫が「せっかく写真入りで紹介したのだから、これから1日に1、2品ずつ取り上げて、それにまつわる話を書いていったらどないです?」と、お昼過ぎにメールをくれた。
 「もっと早く言ってよ」と想いながらも、一番身近にいる良き理解者のアドバイスをきかないのはもったいないので、残り6日は「○○についての話し」をちょっとずつ書いてみよう・・。

■だしを使い、使いまわすこと
 うちでは、だしをとるときに使った昆布、いりこ、かつお節などを使いまわしています。もったいない、というよりはオイシイので、使いまわして食べるのです。
 使いまわし方としては、佃煮や昨日の煮物の具材として、または炊き込みご飯にしたりといろいろですが、とにかく食べます。
 因みに、今晩のおみそ汁のだしは、珠洲のわたえさんたちが作っている「焼きあご」を使いました。

<ワタシ流 だしのとり方>
 (1)朝食の後かたづけをして、鍋に「焼きあご」1/2匹を入れ、
   水を張る
 (2)お夕飯の支度をはじめる頃、鍋を加熱(弱火で7-8分)
 (3)加熱後、「焼きあご」をとりだす
   具を入れ、みそを入れ、お豆腐を入れたらできあがり

<ワタシ流 だしの使いまわし方> 炊き込みご飯 編
 (1)だしをとったあとの「焼きあご」は、骨と皮をはずして
   食べやすい大きさにしてからラップに包んで冷凍室で保存する
  (3,4回分まとまると使いやすい量になる筈)
 (2)炊き込みご飯の材料の準備をするとき、冷凍室からとりだし、
   他の材料と混ぜる
 (3)炊いたら、できあがり

■使いまわすことができる=良いモノ
 使いまわすことができるポイントは、素材それ自身が良いモノ(製品)であることです。私は、信頼できる物を信頼できる人から、自信をもって商売をしているお店から購入しています。良い物だから、使いまわせるのです。
 だしをちゃんととることで、少し調味料を加えるだけの薄味に仕上げられますから体にも良いはずです。もちろん、しょう油、みりん、砂糖、塩などの調味料もすべて良いモノを使っています。
■うちの晩ごはん・・今日のメニュー
 ・ごはん
 ・おみそ汁
 ・鰻の蒲焼き--近江町の魚屋さんにいただいた蒲焼き
  頭付き・・珍しいでしょ
02-鰻の蒲焼き.jpg

 ・温野菜のサラダ
  白菜がたくさんあったので、さっと茹でて1cmほどに
  切って温サラダにしました。にんじんとニラを入っています。
  味付けは、塩とコショウ、酢、ラー油のみ
  野菜の茹で汁は、明日の晩の汁物に・・(これも使いまわし)
02-温野菜のサラダ.jpg

 ・根菜のしょうが煮
  ゴボウとにんじんをさっと炒め、えのきとねぎを加え、
  数日前、いわしのショウガ煮をつくったときの残り汁を入れ、
  さらにすったショウガを加えてできあがり(これも使いまわし)
02-根菜のしょうが煮.jpg

 ・ところてん--ダイエット用



posted by LJ21 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だめ出し、あごだしおもしろーい。二人のやり取り見えてきそうです。ひさみさんのこのページなんかで使えそうですね。私も食に対してまだまだ修行が足りないなー。明日も楽しみ。
Posted by ふみえ at 2006年11月29日 20:55
使いまわし料理はかなりおいしそうです。まるごと全部いただいちゃうことと同じですもんね!

これからは、この「今週の私」にその日食べた中で一番おいしかったものを必ず書いてもらうようにしようかな。
Posted by LJ あさだ at 2006年11月29日 22:31
他人の普段着ごはんを見るのは、
とても面白いですねえ。

今週の私、改め、食いしん坊blogに
なるのかなあ?
Posted by たにぐち けいじ at 2006年12月02日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。