2006年12月03日

石川県金沢市 宮本日佐美 最終日・・ほっ

■うちの晩ごはん・・今日のメニュー
 今晩は、夫の両親が来ていたので外食することになった。両親は、昨日○○温泉、一昨日△△温泉とありがちな旅館のお料理を二晩つづけて食べたようで、今日は「カニも刺身も、フレンチもイタリアンもいらない・・」とのこと。
 では、今晩は趣向を変えて「粉」もんを食べようか・・。私たちが、月に一度は必ず顔を出すお店のひとつ「粉」・・メインはお好み焼きだけれど、厚い鉄板を使って、ヨージさんが野菜や肉、魚など何でもおいしく焼いて料理してくれる。奥さんのナツコさんは、できあがったお料理を楽しいお話とともに運んでくれるのだ。オーダーを受けてからの下準備もナツコさんの役目だが、とっても手早く材料を並べたり混ぜたりしてヨージさんへ手渡す。息ぴったりのコンビネーション!
 今日は、4人でお会計10,060円也・・べた焼き、ねぎ焼き、きのこ盛り、にんにくの芽(炒め)、豚キムチ、鶏ねぎ、鳥皮せんべい、かき、やきそば・・など、もちろんアルコールもあり。お腹いっぱい、大満足!また来ます!!!
 さて、本題へ。

■うちの調味料・・
 使いまわしをするときは、素材そのものが良いモノであることが重要だが、その素材の旨みを引き出すのも調味料のチカラによるところが大きい、のではないかと想う(使いまわしのことは2日目参照)。
 うちで使っている調味料は、それだけでも十分オイシイ。使用頻度の高い順でいうと、酢、ラー油、ポン酢、塩、さとう、コショウ、山椒、七味、しょうゆ、ソース、マヨネーズ、など。よく考えたら、こだわりのモノが多いかもしれない。
 その中で、使用頻度が最も高いものは酢。それ自身、あまり癖は強くないので使いやすい。いい香りでオイシイ。たとえば、トコロテンには、酢を多めに注ぎしょうゆを少々加え、焼き海苔をパラパラとのせて食べて(ダイエットして)いる。オイシイものを食べてダイエットできるなんて、なんてラッキーなひと(=夫)だろう。
 サラダ、南蛮漬け、佃煮、と用途はいろいろ。野菜や魚等新鮮な素材の味をさらに高めてくれる。

<オイシイ酢>
07-調味料.jpg


■調味料選択の決め手・・
 調味料を決めるとき、まずは何種類も試してみる。店頭では、せいぜい記載されている原材料をみて、余計なモノが入っていないかどうかを確認し購入。
 余計なモノ、たとえば「しょうゆ」なら原材料は、小麦、大豆、米、塩、それ以外のものが入っているとまず買わない。買ったら、まずシンプルに使う。お浸しにかつお節をのせ、ちょっと使ってみると味がわかる。おにぎりに塗って、焼いてみるのもいい。とにかくシンプルに食べてみると、味がよくわかる気がする。それで、次回も買うかどうか決める。
 調味料は、特売などでも出ているようだが、そういうものに限って余計なモノが多くは入っている。良いもの、オイシイものを使おう。一本買うときは高いものもあるかもしれないが、調味料なんて使う量はわずかなのだから。

■食べることは生きること、生きることは食べること
 私は、食べることがとても好きで、少しだけ食べものに気をつかっているつもり。そして、全部おいしく食べつくすことも、私は大切にしている。「使いまわす」ことは当然ながら、買ったものは全部食べている。冷蔵庫の隅でひからびてかわいそうなキュウリなど(もちろん他のものも)見たことない。
 そもそも、食品はスーパーでなく近くの商店街で必要なだけ買うようにしている。魚は、ほぼ毎日魚屋さんで、新鮮なものを買う。お店のオジサンとやりとりしながら・・「今日は煮る?焼く?・・」とオジサンは聞いてくれる。「今日は焼くよ」と私が答えると、焼くに適した魚をすすめてくれるのである。こうやったらオイシイという調理法やワザもそこで学ぶことができる。

 食にこだわることで、素材の良さや調味料も自ずと気にかかってくる。生産者の顔も見えてきたら、無駄に出来るはずもない。自分の中でいろいろなことが繋がっていくと、暮らす楽しみや生きていく喜びは何倍にでも膨れていくのではないだろうか。
 魚屋のオジサンから学んだうちの一つを紹介して、おしまいにしたい。

 <小いわしのしゃぶしゃぶ風>・・要は、酒だけで鰯を煮る
 (1)酒を鍋に入れ、ひと煮立ちさせアルコール分をとばす
 (2)うろこと内臓をとった小いわしを(1)に入れ、火がとおったら
   取り出す
 (3)酢に、好みでおろしショウガを加え、小いわしをつけて
   いただく
 新鮮な鰯が入手できたら、ぜひお試しあれ
 酢しょうゆでもオイシイ


■これで、おしまい!
 ここ1週間、日付が変わる1時間前ごろからバタバタしていた。毎日ブログを書くとなるとけっこう大変だった・・でも、それも今日でおしまい。
 一文字でも読んでくださった方、ありがとうございました!!
 私は、オイシイもん食べて今日も元気。

 あなたは、自信を持って、おいしいもの食べていますか?

<フランスパンに自家製バジルペースト、粉チーズをのせた>
 チーズは小さなかたまりを買い、その都度削って使うと風味がいい
 疲れてきたので、ペーストのつくり方はまた機会があれば・・
07-バジルペースト.jpg



posted by LJ21 at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日佐美さま、とても充実した晩ごはんシリーズをありがとうございました。
私も食べることが大好きなので、おっしゃっていることすべて賛成!私も!です。

特に調味料。そんなに食べ物のことばかり考えているわけにはいかないとか、気にしはじめたら食べるものがないなどというのをよく耳にします。が、基本は納得のいく調味料をそろえるかどうか、だと思います。
究極の手抜きは一級品=あたり前の原料で、時間と手間をかけてあたり前につくられた調味料を使うということです。
だって、有機無農薬野菜をカラメル色素やぶどう糖加糖液糖やアミノ酸調味料を添加した醤油で料理したら、なんのこっちゃ!ですもん。

バジルペーストのつくりかたは、ぜひ、よろしくお願いいたします。

おかげさまで今週の私、来年からは「食」をもっと積極的にレポートしていただこうという方針が定まりました(笑)
ありがとうございました。
Posted by LJ あさだ at 2006年12月04日 13:46
1週間ありがとうございました!この仕事を通じていいものに触れる機会が多く、いい食材を揃えることについては自信があるのですが、食べ物を無駄なく使いまわすことについては、ちょっと落第生かもしれません。野菜は宅配してもらっているので、どんどんたまってしまって、ひからびたモノが結構冷蔵庫で発生しています(汗)。こまめに買い物、が一番大事かもしれませんね。

日記を読んでいて、さっそくひさみさんの食への姿勢を見習いたい!と、先日魚を煮た煮汁を鍋に残し、根菜をまとめて煮るか!と思いながらすでに2日経過。使いきれるか、使い切る前に悪くなるか・・・丁寧に暮らすとはたいへんなことですね。
1週間本当に勉強になる日記をありがとうございました。

しかしIさん、神谷町のオフィスでコンビニおむすびを残業のおともにつついていたあの頃と比べて天国ですね!幸せものだ!

で、いつご本人には日記を書いていただけるのでしょうか?!期待しています。
Posted by LJ うらしま at 2006年12月04日 14:43
ひさみさんごくろうさまでした、いつも夜中やなーと見ていました。使いまわし取り入れながら一週間も買い物に行かなくても、美味しいものが食べられました。私のブログの鰹の出し殻フレーク好評でした。こちらでも鰯のしゃぶしゃぶあるんですけど、あまりしたことありませんでした。明日のお客さんになべごと出してみようかな
Posted by ふみえ at 2006年12月04日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。