2006年12月04日

秋田県北秋田市 1日目 鈴木奏子 「阿仁から」

 
 本日から担当となりました、秋田県北秋田市阿仁(あに)支所の観光振興課の鈴木奏子(すずきかなこ)です。秋田県からは初めてということですが、よろしくお願いします。

 早くも12月となり、1年は早いものですね。あっという間に雪の降る季節となり、秋田にとっても阿仁にとっても、雪との戦い!?が始まります。今日も雪が降り、本格的な冬の到来です。

 さて、秋田県の北秋田市って・・・どこ???
 北秋田市は、17年3月に鷹巣・合川・森吉・阿仁の4つの町が合併し、県の北部に位置しています。北秋田市の中でも、私の生まれた「阿仁地区」を中心にしながらお伝えします。

 阿仁地区の人口は約4000人。『マタギ』(古い伝統と独特の信仰を継承してきた狩人の集団)、『阿仁鉱山』(日本有数の銅山でしたが現在は閉山)のまちで、県立自然公園『森吉山』、日本の滝百選第2位の『安の滝』なとがあり、自然豊かなところです。(冬はもりもり雪が降る豪雪地帯です)

 10月.5日安の滝 004-1.jpg
 安の滝 (高さ約120m。滝まで時間はかかりますが、見た瞬間、時間がかかったことや疲れなんて吹っ飛んでしまうほど、美しく素晴らしい滝なのです!!)

 今年は全国的に出没した熊さんたち。阿仁での出没が多かったのですが、阿仁では昔から熊さんたちと『共存』してきました。「熊が出た!!」ということに対しても、「あー、熊出たか」と冷静なのは、昔から共存してきたからではないかと思います。本当に落ち着いているんです(笑)

 山で仕事をする人たちやマタギ達は、「自然のものは全て『山の神』が支配するもので、山の恵みは全て山の神からの授かりもの」として、山の神を敬い祭りました。今もそのことについては変わりはありませんが、昔の方々の方がこの事に対して強く思っていたと思います。

 私は、以前は農林課勤務、現在は観光課勤務のため、農林業、食、生活文化、地域などについて関わる機会が多く、日々勉強と発見の毎日です。地域の人たちと関わる中で得られるものは、学校の教科書には載っていない、生きるための身になり、さらに自分の実になると感じています。

 私が阿仁に生まれ育ち、現在も住んでいますが、いやー、本当に阿仁の人たちは元気で長生きなのです!!元気で長生きなことって、阿仁の自然や文化、暮らしや食生活などと密接な関係にあるはず・・・。明日へつづく♪


posted by LJ21 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 豪雪地帯市役所。2006年1月。豪雪地帯(ごうせつちたい)とは、冬に大量の雪|積雪がある地域のこと。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:W..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 10:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。