2006年01月17日

山形県白鷹町 鈴木徳則 1日目

はじめまして。

山形県の白鷹町(しらたかまち)に住んでいる鈴木といいます。
家族で小さな味噌屋をやっております。ローカルジャンクション21の朝田さんとは取材で家にいらして下さったのがご縁でお付き合いをさせていただいております。
先週、朝田さんに全く違う用事で電話をしたのですが、切る頃には何故かここに書くことになってしまい、自分でもよくわからないまま書き始めております。とりあえずお付き合い下さい。

BTH2229849_0B.jpg白鷹町は山形の中央部に位置している小さな町です。山形は地図で見るとちょうど人の顔のような形をしているのですが、口に飲み込まれたあたりというとなんとなく分ってもらえるみたいです。映画「スイングガールズ」のロケ地といった方が良く分ってもらえるかもしれません。この山並みは映画のオープニングに出ていた朝日山系です。人口は約1万7000人。町の真ん中を最上川が流れ、四季の移り変わりのはっきりした雄大な自然に囲まれた町です。

BTH2229849_1B.jpgところが、今年はご存知の大雪で毎日こんな感じの大荒れが続きました。朝除雪して夕方また除雪、元旦も雪下ろしといった感じで、何が仕事か分らない状態です。
でもここはこれでもまだ雪が少ない場所といわれています。そういえばもっと山の方に行くと、雪下ろしとは言わずに雪上げといってます(屋根より雪が高く積もるので下ろすのではなく上げるんだそうです)。

BTH2229849_2B.jpg屋根から落ちてきた雪は軒下に積もりこんな感じになってしまいます。実はこれがくせ者で捨て場所がなくなってしまうのです。ここは味噌樽を置いている小屋なのですが、さながら雪室のようです。
こんな風に書くとなんかすごい所だと思われてしまいそうですが、この雪と寒さを利用して、凍み大根や凍み豆腐を作ったり、家では大根の麹漬けを樽ごと雪の中に入れておいたりと、この時期ならではのものがいろいろあります。
二年前、結城登美雄先生にお越し頂いて講演をしていただいた時に、軒下の豊かさというお話をされていましたが、ここには雪下の豊かさもあると思います。
明日以降、どんな話をお伝えできるか分りませんが、また雪片付けしながら考えます。




posted by LJ21 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。