2006年01月27日

東京都中央区 高安和夫 銀座でみつばちプロジェクト

銀座の街研究会

 皆さん、こんにちは!
今日は、銀座の街研究会とその新しいプロジェクトをご紹介します。

BTH2258454_0B.jpg 1月24日、第10回銀座の街研究会『映像と銀座』が開催されました。
銀座の街研究会は、1日目の最後の写真中央、田中淳夫さんが代表世話役で、「銀座を通してこの街が持っている可能性を、様々な角度から学び、新しい価値を見出していこう。」と言う趣旨でスタートした会です。
 1月24日の交流会では、新しいプロジェクト「銀座でミツバチ!」の話で盛り上がりました。

銀座ミツバチプロジェクト

 昨年12月、ローカル・ジャンクション21の浦嶋裕子さんと、田中さん、私の3人で食事をしました。その時、浦嶋さんから「都会でも養蜂が出きる!」いうお話を伺い、田中さんのお勤め先、紙パルプ会館の屋上はどうか?と話は盛り上がりました。

1枚目の写真の中央が女王蜂です。
見えますか?



なんちゃって養蜂家?

BTH2258454_1B.jpg アグリクリエイトでも、福岡県八女市の九州蜂の子本舗さんを通じて、
地元の養蜂家、青木さんとそのお弟子さんの蜂蜜を取り扱っています。

 5月、蜜柑の花が咲くころ、八女に行くのが楽しみです。
2枚目の写真、私も「なんちゃって養蜂家?」 アレ?!

蜜柑の花は最高!

BTH2258454_2B.jpg3枚目の写真は、蜜柑の花の蜜を吸うミツバチ君です。
八女市の里山にある蜜柑畑で、とても良いところです。

銀座で巣箱の管理出きるかな?

BTH2258454_3B.jpg さて、気になるのは銀座でミツバチを育てられるかです。
先日、養蜂家の藤原先生と、浦嶋さん、田中さんで、紙パルプ会館の屋上の下見をしていただきました。

 巣箱と3〜5箱置けるそうです。ヤッター!!
藤原先生のお話では、「蜂蜜も結構取れる!」らしいです。
銀座らしいビンのラベルを作って、銀座の特産品を作ろう!

養蜂は畜産業だそうです。

銀座食学塾でも会議室をお借りしているのは、銀座4丁目の畜産会館です。
畜産会館の会議室も、田中さんの会社で管理しているのですが、「銀座で畜産業が出きる!」
これは、銀座の皆さんに農業に関心を持ってもらう良いチャンスです。

管理は大丈夫かな?

浦嶋さん頼りにしてます!

 管理については、浦嶋さんはじめ、ローカル・ジャンクション21 みつばちプロジェクトの皆さん、どうぞよろしくお願いします。もちろん、僕らも頑張りますよ!
写真は、八女での管理風景です。

銀座の子供たちにミツバチを見せてあげたい!

BTH2258454_4B.jpg 巣箱の用意が出来たら、近くの小学校や幼稚園の子供たちを呼んで、ミツバチを見せてあげたいと思います。
 ミツバチは、皇居や日本橋、浜離宮など、半径2kmぐらいまで飛んで蜜を集めて来るそうです。
 働き者ですね!
地図を見ながら、説明してあげると、子供たちも喜んでくれるかな!?
 
 今から楽しみです。





ラベル:みつばち 銀座
posted by LJ21 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。