2006年12月11日

三重県大紀町 1日目 玉木謙治

本日から一週間、今週の私を書かせてもらうことになった、三重県大紀町役場の玉木謙治と申します。よろしくお願いします。

 大紀町(たいきちょう)は平成17年2月に、旧大宮町、旧紀勢町、旧大内山村の3町村が合併した町です。町の総面積の91%が森林で、標高500〜1000mくらいの山々に囲まれ、地形は全般的に急峻で平坦部が少なく、農地は大内山川、藤川、宮川に沿った地域にわずかに点在しています。また、源流の町でありながら、紀勢地区には海もあり恵まれた自然環境にある「大紀町」からの話題をお知らせしていきたいと思います。

 今日は季節はずれですが、アユについて書いてみたいと思います。大内山川、藤川、宮川では6月から11月頃にかけてアユ捕りが盛んになります。生業として川漁師をしている人はいませんが、シーズン中は地元の人と町外からの友釣り客で賑わいます。tamaki1.jpg
 アユを捕獲する方法は、「友釣り」「しゃくり」「コタカ」「巻網」「ヨリ」「夜ぶり」などがあります。「友釣り」は、おとりアユに針や糸などの仕掛けを付けて、長い竿でアユの縄張りに泳がせることで針に引っ掛けて釣る漁法です。「しゃくり」とは2m程度の竹竿の先に針を付けて、ウェットスーツと水中メガネで川に潜り、泳いでいるアユを針に引っ掛けて捕る、私が一番好きなアユ捕りです。「コタカ」「巻網」は網で捕り、「ヨリ」は秋に海へ下るアユを、流れの緩やかな場所で孟宗竹500〜600本ほど使って川を堰き止め、コタカなどの網で捕る方法です。最後に「夜ぶり」ですが、夜の川にウェットスーツと水中メガネ、防水の懐中電灯を点けて潜り、「しゃくり」でアユを捕る方法です。
 これが主なアユの捕り方ですが、町内でも地域によって呼び方が違ったり、捕り方も舟を使った漁法などまだまだたくさんあります。私が出身の大内山地区では「アユ」のことを「アイ」と呼びます。なぜかと思い昔からアユ捕りをしている長老に聞くと、昔は川が生活の中心で、アユ捕りはその中でも最も楽しい遊びで、スリルもあり、捕るのも面白く、食べても美味しいアユを愛していたということで、「アイ」と呼ぶようになったそうです。tamaki2.jpg

今は生活も遊びも川から離れてしまい、アユ捕りをする子供や若者が少なくなってきました。先月、大紀町で地元学をしたときに82歳の方が4年前まで「しゃくり」をしていたと聞きびっくりしました。自分が一番上手いと自慢していました。来年は久しぶりにやってみよかということになり、私の友人と一緒に来年はその技術を学びに川に行きたいと思います。楽しみです。

*写真は大紀町HPからお借りしています。


posted by LJ21 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。