2006年12月15日

三重県大紀町 玉木謙治 5日目

 昨日まで川やアユ、ウナギについて、いろいろ書いてきましたが、今日は川の幸の食べ方を紹介したいと思います。
 アユはやはり塩焼きが一番美味しいですが、甘露煮や煮浸し、一夜干しなども美味しいです。昔は素焼きにして囲炉裏の上の天井に吊るしておき、それでうどんや味噌汁の出汁をとっていたそうです。昔は煮干などが無かったので仕方なくアユを使っていたそうですが、大変美味しかったそうです。ウナギはなんといっても蒲焼が一番ですが、白焼きに醤油をつけて食べるのも生臭さのない天然特有の風味と脂の乗り具合が最高でとても美味しいです。他の川魚では、シロハエ(オイカワ)などの雑魚も甘露煮や干物にしたり、アジメドジョウやヨシノボリの甘露煮も絶品です。それに川の幸で忘れてはならないのが、9〜10月に産卵の為に海に下るズガニ(モクズガニ)です。この時期のズガニは最もミソが旨く、蒸して良し、味噌汁に入れて良し、パスタにしても最高です。ワタリガニのパスタに負けるとも劣らぬ旨さです。ズガニ(モクズガニ)は中華料理で有名な上海ガニと同じ仲間で見た目もほとんど同じです。味は高級な上海ガニは食べたことがないのでわかりませんが、おそらく同じほど美味しいと思います。
 川は、まさに高級食材の冷蔵庫、川原でバーベキューなんかしたら最高です。来年の夏は是非、大紀町に遊びに来てください。


posted by LJ21 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。