2007年01月03日

LJ21事務局 朝田くに子 正月に京都に行ったらあきまへん

正月に京都なんて、風情があっていいかも!と出かけてみたら、甘かったです!

kyotoshougatu.jpg

これは八坂神社の入り口の様子を市バスの中から撮影したもの。
もちろんバスの中も大混雑。
JR京都駅前はバスに乗る人が長蛇の列をなして人だらけ。
祇園と清水寺付近も河原町も人、人、人!
新宿も渋谷も避け続けてきたのに、こんなところで人ごみにハマッてしまうとは、なんという不覚!

「正月に京都はあかん」
バスに乗り合わせた人もつぶやいていました。

実は、今日の本当の目的は、風土倶楽部第1号オリジナル商品「りんご」を販売してくださっている京都市内の恵文社一乗寺店の訪問でした。販売がとても好調と伺っていたので、どんなお店なのか訪問してみたいと思っていたのでした。
そこで年末年始に関西の実家に帰ったついでに思い切って行ってみたというわけです。

keibunsha2.jpgお店は叡山鉄道の一乗寺駅から3分ほどの商店街のはずれにありました。





kebunsha6.jpg

おや!ガラスの向こうに見えるのは…

keibunsha3.jpg扉を開けると、「りんご」たちがお出迎え〜。
おしゃれな店内に見事にマッチしているではありませんか。
こんなところでこんなふうに再会すると、なつかしいような、恥ずかしいような、変な気分です。


keibunsha4.jpg keibunsha5.jpg

keibunsha6.jpg kebunsha4.jpg

店内はさきほどまでの喧騒がうそのように静かな落ち着いた空間です。
外から感じるよりも奥行きが深くて、雑貨スペースと書籍スペースに分かれています。

keibunsha10.jpg keibunsha7.jpg

書籍は、デザインや暮らしに関わる内容の本が多く、普通の書店では手に入らないような各地で作られている冊子なども置かれています。そのかわり、普通の書店にある雑誌や文庫などは見当たりません。


keibunsha8.jpg風土倶楽部のおすそ分けを連載中の「住む。」もありました。
この近辺には、京大、精華大、工繊大、造形大などがあり、芸術系のキャンパスに囲まれた学生街ゆえの面白い本屋さんです。


keibunsha11.jpg雑貨も、思わず欲しくなるようなかわいいもの、凝ったものが多く、一つずつ丁寧に見ていると時間のたつのを忘れてしまいます。



keibunsha.jpgお店のある商店街は、今日はお休みのせいか人通りがほとんどありません。




keibunsha9.jpgところが…
次々と若い人を中心にお客さんが入ってくるのです。



こんなオリジナリティの高いものがひしめいているお店で「りんご」が好評というのはうれしいかぎりです。店内には食べ物はどうやら「りんご」だけ?のようでした。コンセプトとマッチしたパッケージデザインの力でしょうか。

hoshiringo.jpg chuchu.jpg

12月28日に発売されたばかりの関西版Chou Chou(シュシュ)「おいしいLOHAS提案します」にも「りんご」が掲載されていて、がんばる「りんご」なのです。

keihandensha.jpg帰りに京阪電車に乗ったら、なんと車内にテレビが!
電車が走り出したら、車内に音が広がったけれど、地下を走っている間は電波が届きにくいのか画面が乱れがち。
んー、これって誰が見るの?

たまに関西に帰るといろいろ気になることがあります。
新大阪で降りてエスカレーターに乗ったとたん、左側ではなく右側に並んで、左側を空けなければなりません。
どうしても関東の癖で左側に並んでしまいます。
どうして関西は右、関東は左なんだろう。

hankyudensha.jpg阪急の駅の売店のブックスタンド。
宝塚レビューがちゃんとあります。
最近は、阪神電車内にも宝塚のポスターがあるとか。
別に不思議ではないけれど、やはり違和感あるなあ。






posted by LJ21 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いいたします。
昨年は鳥取での地元学やら今週の私など、ずいぶんとお世話になりました。

ところで、私のやってる「沖縄・食と工芸 真南風」の事務所は、この惠文社の面した通りを西の方へ、東大路を渡って、曼殊院通りを川端通りに抜けるあたりにあるのですよ。お近くまでいらしてたんですね。1月半ばに京都に行きますから、干しリンゴにも会ってきましょう。近くには品揃えのよい自然食品店やおしゃれなパスタ屋、気合いの入った手打ち蕎麦屋、酒屋がやってるワインバーなどいろいろとあるところです。思い浮かべるだけでも他にもあれこれありますね、。
Posted by seayanak at 2007年01月04日 22:07
こちらこそ、大変お世話になりました。
鳥取市上地地区の調査は、このブログでもしっかり取り上げさせていただきましたが、大変興味深いものがたくさんありました。

一乗寺の商店街周辺はなかなか面白いエリアのようですね。そんな場所で「りんご」がかわいがっていただけているようでうれしいです。
Posted by LJ あさだ at 2007年01月05日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。