2007年02月08日

群馬県片品村 キリヤマ ミチコ 4日目

片品村に住み始めて4年目。

私はある答えに辿り着いていた。

片品村以外にもいくつか土地をまわったが、いつも私のような女の子に会う。

誰かが言った。
「女性は本能で地球の危機を感じている、だから動くのだ」

片品村に来て、生活の大切さを知り、その基盤は家族であり一番大切なのは、お母さん!

片品には素敵なお母さんがたくさんいる。

太陽みたいな笑顔で明るいお母さんが増えれば、社会は変わるかもしれない!

私も含めそんなお母さんになりたい、お母さん予備軍の女の子を集めて片品の素敵なお母さん達から生活を学ぼう!

「グットマザープロジェクト」

この構想から、みんなが集まれる場所を作りたいと思った私は、居候生活を卒業し、一昨年の冬20年誰も住んでいなかった空き家を借りた。

無知とは恐ろしい。。

雪国を何も知らない、私に神様は試練を与えた。

村の人も参るほどの大雪。。

隙間だらけの家は何もかもが凍り、ついに水道が凍った。

そんな経験を乗り越えたおかげで、近所で有名になった。

「横浜から来た女の子があの家で冬を越したぞ。」

結局、その空き家の水道は直らず、「どうしよう。。」とその時、やはり近所の人が格安でプレハブ小屋を貸してくれた!!

しかも、大家さん片品村に作業所をつくりたい!と夢をもった人で私のことも理解してくれて。。好きに改装していいって〜

去年、たくさんの人の協力を得て、もちろんグットマザー予備軍の女の子も含め、このプレハブ小屋を改装した。
どうせなら片品にある素材でお金をかけずに。。

200702081455000.jpg

間伐材。。

布は農業用不織布を杉の皮で染めた。。

名前は片品からとって「カタカタハウス!」

去年はたくさんの人がカタカタハウスに来てくれました。

畑も終わり、冬はお休み中。
私がたまに使うはず。。だったのに〜

また!!水道管が破裂した!!

つめがあまかった。。

今日はカタカタハウスのお掃除です。

冬の間は大家さんのご好意で、居候させていただいています。

自分の母親世代の人と、夢を語り合う。

今年は作業所と、グットマザープロジェクトがコラボして楽しい企画ができそうです。

200702081455001.jpg大家さん家の大根葉風呂につかって妄想の世界に。。


ラベル:群馬県 片品村
posted by LJ21 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。