2007年02月16日

徳島県上勝町 藤本延啓 4日目

今日は上勝の一人暮らしの男の食がどういうものかお話ししましょう。

上勝はいわゆる「田舎」です。
スーパーもコンビニも町内にはありません。
農協や食料品店はありますが、仕事が終わって家に帰るころにはたいてい閉まってしまっています。

ではどうするか。
知人からのいただきものと、近隣の市町に買いに行ったもので料理をする、ということになります。
上勝町は徳島市から車で一時間程度の距離です。
徳島市内から少し南下すると小松島市に入り、勝浦川があります。直角に曲がってこの川を遡るように西へ進んでいくと勝浦町、そして上勝町になります。
町内のどこに住んでいるかによってもかなり変わりますが、私の家から車に乗っていくと、勝浦町のスーパーまでは20分程度、小松島市のショッピングセンターまでは45分程度でしょうか。
コンビニもない「田舎」とはいえ、街からそんなに遠く離れていません。なので、忘年会・新年会などの会を徳島市内で開くことも珍しくありません。帰りはタクシーや代行の乗り合わせで帰ってくるのです。

これは昨日の夕食。
いただいた野菜をたっぷり入れた焼きめしです。
yakimeshi01.jpg

仕事が終わってから友人と徳島市へ夕食を食べにいくこともありますが、毎日そうするわけにもいかないですよね。やっぱり自炊ってことになります。
休みの日なら近所のお店で食材を買えますが、私が近所で買うのは卵くらいです。残念ですが、値段や品揃えから車を走らせて食材を買いに行ってしまいます。(そうそう、職場近くの農家直販店「いっきゅう茶屋」で買い物をすることもあります。ここは安くておいしい野菜、手作りのこんにゃくやお寿司、天然酵母のパンなどが売られていて、人気のお店です。でもここは午後4時半には閉まってしまいますので、私にはお昼休みにしか利用できないのがネックです)
このごろは食材をいただくことがとても多くなり、買い出しに行く回数がめっきり少なくなりました。月に1回か2回程度でしょうか。パスタやトマト水煮缶、調理用のワインやお酒、削り節やハーブなどの調味料、サラミやバターをたまに買うといった具合です。

焼きめしに使った食材は、ごはん・タマネギ・赤いジャガイモ・にんにく・サラミ・卵です。それに茹でたブロッコリーをお皿に山盛り。(ブロッコリーはいただいてから日が経ってしまったので、少し色が悪くなってしまいました。ごめんなさい)
IMG_9760.jpg
赤いジャガイモは皮をむくと黄色みがかっています。ふつうの男爵やメークインと比べると、ちょっと甘い味がします。収穫の時期がふつうのジャガイモとずれているとのことで、年中おいしいジャガイモが食べられるというわけです。
IMG_9759.jpg
サラミと卵以外は、すべて上勝でいただきました。本当にありがたいです。「地域に食わせてもらってる」ということを実感します。

「ごちそうさまでした」
手を合わせて心からそう言いたくなる毎日をおくらせていただいています。


posted by LJ21 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。