2007年04月02日

宮城の田んぼの中 ちば 1日目

昨日から黄砂交じりの風が吹き荒れてます。
梅がようやく咲いたのに、ホッカブリ(頬被り)しないと迂闊に外にも出れません。なんだか黄色のフィルターを通した景色の中に居るような気分です。
今週の私のわたしは、宮城県北部の田んぼのど真ん中に暮らしているちばです。
米農家の古嫁ですが、今年からの農業政策の転換で、我が家みたいな中途半端な規模の農家はドーデもいいからね、という雰囲気で生き残るのがちょいと厳しくなっています。田んぼはあるけれど作るのはヨソの機械よ、になってしまいました。
少しだけ畑もあるので、採れた野菜を使って農家カフェをやっています。野菜が中心のランチやコーヒーと田んぼの景色がメニューです。月に10日程の営業です。あまりお客さんも来ないのですが、食べ物を介して人と出会えるのって楽しいな(大変だけど)と日々実感!
畑の野菜は時々絵のモデルとして大活躍。
カフェをやってない日はこどもたちのお絵かき教室の先生です。今日は蕪をモデルにしてわいわいと絵を描いてました。
つい昨日まで展覧会だったので、少し空気が抜けた状態です。
今週は農家の母ちゃんウイークで、少し元気を取り戻さなくてはと思います。
一週間おつきあいください。


posted by LJ21 at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
千葉さま
鳴子では大変お世話になりました。千葉さん発案のハウスに感動して、現代農業増刊号にも、その感動を書いてしまいました!私は農家の長女に生まれながら農家らしいこともできず、旅して書いての繰り返しですが、やはり、実家や中津江村に居るときは、いろいろ食べ物を作ったり加工したりしています。そうするのがいちばん落ち着きます。次は、子どもたちに混じって千葉さんに絵を習ってみたいです。2次元の世界しか書けないので、ご指導ください。
Posted by もりち at 2007年04月03日 11:43
体育館のハウスではなく、本物のビニールハウス畑にもう一棟建てなくては。今度は飾る必要がないので、今後の使用に耐えるよう気合を入れて組み立てます。
暖かくなってきて、日々いろんな植物が花盛り、描きまくらないとどんどん大きくなります。
お絵かきたのしいよー!
Posted by ちば けいこ at 2007年04月10日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。