2007年04月10日

伊藤洋志 下馬土間の家 2日目

昨日は最初からいきなり脱線しました。

最初は自給自足とはなにか?ってことからはじまりました。

タイトルにあるように下馬土間の家ということなので家についての活動しています。

ところで、自給自足というとなんとなく食べ物を畑で作って自分で食べる。というイメージがあると思います。

食料のカロリーベースでの自給率ってよく言いますよね。
必要なカロリーのどれだけ自前で作れているか。

僕は、最近そういう量的な意味での自給率よりも自給の度合いに注目しています。

たとえば、家。
自分で育てた木で建てれば自給率100%ということになります。時間がかかりますけど。

そこまでしなくても、自給の度合いを高めることができんかなと
思いました。度合いと言うのは「自給している」という気分的な意味でもあるし、自分でコントロールできる範囲を増やすということです。

家の自給率100%にすると、他のことに手が回らんようにならんかと思ったりします。
逆に生活全体の自給度が下がるかもしれません。

それはさておき、都会だと家は与えられて選んでお金を払うぐらいです。
あんまり自分で賄った気がいたしません。

あと家賃が高いですね。会社に属さない生業を送る自分にとってこれは非常に手ごわいものです。
不安定な収入と安定した支出は相性が悪い。

むー、と考えてある日、思ったのです。

古くて見向きされない家を安く借りて自分で直してしまったらどうだろう!


直すと言う行為で、家賃が下がるし、好きな空間を自分で作って住むことができるそれだけじゃなくて人が集まる場所にしていけばにぎわいや出会いも自給できるではないか!
(最近は結婚相手を探してあげる商売が流行ってるらしい、なんでも外注です。)

ということで名前がつけられたのが、下馬土間の家なのです。

名前の由来は、家に土間があったから。

しかし、いままさに改装中。アクシデント続きで濃い日々を送っています。
アクシデントのため10日は湯治に行っていました。

その理由はまた明日。


ラベル:東京都 自給
posted by LJ21 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。