2007年05月03日

氏本農園(四日目・枇杷の葉茶一服)

 三日間固い話が続きましたので、コーヒーブレイクならぬ我が祝島特産の無農薬枇杷の葉茶一服としましょう。
 豚の放牧地作りの作業の手を休めて、枇杷の葉茶で一服しながら周りをふと見回すと、太い椿の古木に目がとまりました。
 その幹には直径20cmくらいの穴が空き、そこから小さな椿の芽が出ているではありませんか。まるで有袋類の母親が子袋のなかで慈しんで育てているようにも見えます。新芽_20070409_89.jpg
 古木が自分の寿命を悟り新しい生命を残そうとしている健気な意志を感じてしまいました。(我がブログ「氏本農園・祝島だより」既述)
 しかし命がつながるには、古木に根を張るのではなく、大地に根を張る必要があります。このままでは古木の願いは叶いません。
 ただこのような自然(人智を超越した大きな存在=Something Great)の営みに対して、私(人)が植え替えなどの手を貸すべきかどうか悩みますが、一方ではその自然が私に手を貸すよう差し向けるため、あえて見つけさせたとも考えられます。
 以来毎日のように観察していますが、子椿は子袋から身を乗り出す子供のように、少しずつ陽光を求めて穴の外へ向かって伸びてきています。子椿_20070427_99.jpg



posted by LJ21 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。