2007年05月20日

フォトメッセージマガジン『日向時間』 藤木テツロー7日目 【宮崎県高千穂町】 5月20日

おっと、そして今日で7日目!ありがとうございました!早かったです!

7日目といっても、特別なことはありません。昨日の予定通り、土呂久に取材に行ってきました。

59-toro.jpg取材といっても、何を取材するかは、現地について次第。私が住む三田井地区から車で25分ほど離れています。天岩戸伝説で知られる天岩戸神社より6kmほど、土呂久川沿いの山道を上流まで遡ったところに、土呂久の集落があります。標高1633mの古祖母の懐に抱かれ、谷に寄り添うように現在、39世帯124人の村人が暮らしています。

57-toro.jpg

56-toro.jpg土呂久を美しく感じるのは、天に開かれている土地だからかもしれません。人間様が作った建物よりも、高く大きな山に囲まれ、流れ出る湧き水の音を聴きながら、色んな生物が生き生きとしています。人間もまた、生き生きとしています。

52-toro.jpg

55-toro.jpg生まれてくる子を楽しみに待つ若夫婦。息子が婚約者を連れて帰ってきて、ますます元気になるお父さん。春の山桜の美しさを懐かしみながら、黙々とお茶摘みをするお婆さん。今日、土呂久を歩いただけで、たくさんの幸せを感じることが出来ました。今を生きる喜びがここにはあるように思います。

58-toro.jpg

53-toro.jpg

54-toro.jpg特別じゃない村、特別じゃない暮らし。ただ、自然に寄り添って生きるということ。土呂久の村を歩くと、人として大切なものが見えてくるように思います。とても、シンプルなものだと思います。

今日は、これでおしまいです。

一週間、お世話になりました。また、あえる日を楽しみにしています。ありがとうございました。

『日向時間』水

http://www.hyuugajikan.com/backnumber/2006_aut/03.html


posted by LJ21 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。