2007年05月31日

北海道佐呂間町 安永淳 3日目

約20年前から北海道を仕事で度々訪れています。春もあれば冬もありました。滞在は長くても2週間でした。レンタカーの窓越しに見る四季折々の自然と北海道人の「潔さ」に憧れていました。
昨年の夏、久しぶりに訪れたトップファームは随分変わっていました。牛の頭数が増えたことは一昨日に書きましたが、若い社員が増えていました。
トップファームには、毎月約500頭の子牛がやってきます。畜産用語で、初生の導入といいます。ホルスタイン(乳用牛)種の雄が100頭。ホルスタインを母に和牛を父にもつ雌が150頭、雄が250頭。この混血の牛たちを交雑種、F1(エフワン)とも呼びます。
生後1週間から1ヶ月の子牛を北海道内の市場で購入してきます。地元の農協から直接購入する牛もいます。牧場にやってきて約1ヶ月間、粉ミルクをお湯で溶かし哺乳瓶で飲ませます。この時期の作業を「哺育」と呼んでいます。
私の記憶は、この哺育は、社長が中心となり奥さんが女性のパートの人たちをまとめている風景だったのです。
入社5年目の若い場長が中心となり、2、30代の初対面の社員が数名いました。そして、彼らが女性のパートの人たちと一緒に作業を行っていました。
大工だったM君、木工系の専門学校を卒業したばかりのH君、大手の和牛牧場で受精師だったK君、S場長はノルマ系営業でした。
漠然とですがその時、できるだけたくさんの今のトップファームの記録を残そうと考えました。ホルスタインとF1雄と雌の初生の成長と彼らの記録です。
当初は夏の間の短い期間のはずだったのですが、一年を通しての記録になるとは思いもよりませんでした。


posted by LJ21 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。