2007年06月25日

月刊むすぶ編集長 四方哲 京都府京都市 1日目

むかし、「月刊地域闘争」という雑誌がありました。
(いまは、「月刊むすぶ」という誌名です)
昨年、亡くなった宇井純さんや各地の住民運動の担い手達に突き動かされ、1970年、創刊されました。
申し遅れましたが、私は、この雑誌を出し続けることのみを業としていますロシナンテ社の四方哲(しかた・さとし)といいます。
よろしくお願いいたします。

創刊されたころ、私はまだ小学5年生。
だから当時のことは何も知りません。
1984年からこの仕事をさせていただいています。
1970年代は、いろんな場で政治が身近なものであったのだと思います。そして高度経済成長の結果、全国各地に公害問題、被害が深刻化していった時代でもありました。本当に暴力的な被害が、地域住民を襲っていました。そして社会的少数者に対する差別はより露骨であった面もあります。とことん痛みつけられ、踏みにじられ、そしてその苦しみの中からようやく住民・市民が、立ち上がり、闘い始めるのです。

水俣病をはじめとする当時の社会的運動の歴史を振り返ると「闘争」という言葉の意味が伝わってくると思います。
大企業はとことん傲慢で、行政はとにかく責任逃れ。被害者がポツンと残され悲惨な生活を強いられていたのです。

でも見落とさないでください。この現実は一向に変わっていません。国家はどこもでも権力を振りかざし、市民・住民を管理・支配しつづけていることを、大企業はどこまでも自分さえよかったらと考えていることを。

この現実を少しでも良くするには、私たち一人ひとりが、とにかく声を出し続けること、参加することが大切なのだと思います。まぁこういう中から「月刊地域闘争」=ロシナンテ社はスタートするのです。

故・宇井純さんは、お会いする度に「食べれていますか?」と声をかけてくださいました。 この雑誌はなかなか売れません・・・
お金になりにくいということは・・・大変なことです。

「伝えること」「情報」などには、その時代の雰囲気や欲求というものが大きく作用するのだと思います。民衆?大衆?市民?とにかく私たちはとっても我がままで移り気で自分勝手です。それはインターネットの世界を覗けば一目瞭然。そんな世間に少数派の声をネットワークすることがロシナンテ社の生業(なりわい)です。とにかく儲かりません。

確かに今、環境問題は社会的に認知され、地球温暖化といえば誰もが少しは関心を持っている課題にはなりました。でも・・・この根っ子には、公害被害者の叫びがあったことを忘れてはいけないと思うのです。

世間のメインストリームになる前のささやかな問題提起の場が、ロシナンテ社なのです。そんな中でどうやって生き抜いてきたか、そんなロシナンテ社の日常を今週、お伝えできたらと思っています。




ラベル:京都府 京都市
posted by LJ21 at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四方さん毎日お疲れ様でした。久しぶりですね。「食べれてますか」 これはお互いにということです。エコリゾート赤目の森も、今年で15年を迎えて、頑張っています。ゴルフ場開発計画反対で、反対だけなら「無責任」と、地元の環境と人々の暮らしを守るために、小さなペンションを作って立ち上がりました。それが、何とか15年です。
四方さんときっと同じように、多くの人たちに迷惑をかけてお金を都合してもらって、そのお世話になった人たちに、何のお返しもできないで、折角築いた信頼も失ったりしています。そうではないですか。
でも、「継続は力なり」といいます。どんなに多くの人たちにお世話になったって、そこにい続けて、自分たちの思いを伝え続けることは何よりも大切で、それが続けられる原動力となっています。借金取りがきたら、平気で「居留守」を使い、もう身内を何人「死なせた」でしょうか。「あんたのおふくろさん5人もいるんかいな」と言われながらでも、頑張り続けましょう。
そのうち、また「むすぶ」の定期読者になり、広告のスポンサーになって上げますから、もう少しまってやってください。
一度赤目にも遊びにこなぉあかんで−
朝田さんそれから、あのー赤ちゃんげんかいなぁの人 ご無沙汰してます。来年くらいは私もお世話になれそうです。
Posted by 伊井野 雄二 at 2007年07月08日 13:25
伊井野さん、お久しぶりです!
いずこも同じ。食べられるのと、やりたいことを並行させるのは大変です。
日本みつばちは元気にしていますか?
そろそろ赤目みつばちプロジェクトにとりかかりますか。
Posted by あさだ at 2007年07月08日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。