2007年07月10日

東京都 向本圭太郎 2日目

ぐぬぬぬ。
悩んでいるのです。といっても悩んでも仕方ないことに。

今年8月10日から、地元広島県福山市にある鞆の浦で、一つプロジェクトを始動させようと思っています。
その名も「鞆の浦プロジェクト〜東京通信使2007」です。

PICT0257.JPG

PICT0216.JPG

鞆の浦という場所は、非常に歴史的にも古くから知られた場所です。古くは万葉集の中に、大伴旅人が鞆の浦を詠んでいます。
瀬戸内のちょうど中央に位置する鞆の浦は、九州から近畿へ抜けるため潮待ちの港として古くから栄えてきました。
朝鮮通信使が京都に向かう際にも、鞆の浦で潮を待ったといいます。そのとき、鞆の浦を訪れた朝鮮通信使は鞆の浦から見る眺めを「日東第一景勝」と賞し、非常に鞆の景色のすばらしさを褒めたそうです。
その他にも、坂本竜馬のいろは丸が紀州船とぶつかったのも鞆の浦の沖です。
お正月によく聴く宮城道雄の「春の海」は鞆の浦を舞台に作曲されました。
最近では、来年夏公開予定の宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」は鞆の浦を舞台にしているといわれています。
などなど。
挙げればきりがないくらいに地域資源にあふれた場所です。

でも、みなさん、鞆の浦って知ってました?
おそらく知らない方がほとんどではないでしょうか。

これらの資源をうまく使えば、
もっともっと鞆の浦って魅力的なまちになるんじゃないだろうか。
もっともっと住んでいる人たちが幸せなまちになるんじゃないだろうか。
そのために、よそ者として少しでもお役に立てたらいいなと思い、今年「鞆の浦プロジェクト」を実施しようと思った訳です。
といっても、何をしていいのかわからないので、とりあえず今年はみんなでボランティアに行こうということになりました(笑)

東京の若手役人仲間を中心に、10数名で行ってきます。
現地では、日大の学生の皆さんと一緒にライトフェスタや福山藩蔵の壁塗りワークショップ、そして浜辺の清掃をしてくる予定です。
◆過去のライトアップフェスタの様子
http://www.sawasen.jp/tomonoura/tomonoura/topics-05/topics-05.htm
http://www.vesta.dti.ne.jp/~npo-tomo/schejule/Lightfes.html

って、さっき悩んでいたのは、鞆の浦(福山)までの新幹線チケットを旅行会社に手配してたら、普通の指定席は一杯でグリーン車じゃないと取れないと言われまして。。
どうしたものかと悩んでおったのです。
旅行業は難しいっす。

■日程:平成19年8月10日(金)から12日(日)まで
■内容:鞆の浦散策、ライトフェスタ、福山藩蔵壁塗りワークショップ、浜辺清掃、野外コンサートほか

今からでも参加大歓迎です。お近くに住んでいらっしゃる方、少しでも興味を持った方、詳細のチラシをお送りしますので、私までご連絡をばいただけると幸いです。

・・・瀬戸内の料理です。私の大好物を並べます。

PICT0264.JPG

PICT0204.JPG
posted by LJ21 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47390350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。