2007年07月16日

大分県日田市 伊東寿憲 1日目

「今週の私」には大分県から初出場ということで・・・。
せっかく地方からの書き込みなので、方言を交えながら書こうかと思います。読みづらいかもしれませんが、ご了承ください。

みなさんはじめまして、大分県日田市に住んじょる。伊東寿憲といいます。
生まれは中津江村、この地名を聞いて「あ〜」ち言う人が何人かおるかもしれん。次にカメルーンがキャンプした村っち言うたらもう少し「あ〜」ち言う人が増えるっちゃないかな?

2002年のサッカー日韓ワールドカッブでカメルーン共和国のキャンプ地になって、それで、到着がすごく遅れて連日のように報道された村です。


今週一週間ということで、村での出来事と、日常の何気ない会話をしていたところを森さん(色々お世話になっていて、今回の件も紹介してくれた方です。)がすごい食い付いてきた話などを、お伝えできたらいいな〜と思いよるから、よろしくお願いしちょきます。

今日は村の出来事から・・・

今、村では新たな騒動が起こりょります。

8月に大分市の九州石油ドームにカメルーンがやってくることが決まったのです。
サッカーの日本代表対カメルーン代表戦!!必然的に「こりゃ〜応援にいかにゃならんばい!!」「カメルーンが帰ってくるきね!!」とつい先日、7月6日に「カメルーン応援団」が結成されました。

坂本地球財団理事長(旧中津江村長 坂本 休)さんが、こげん言いよりました。「カメルーンと聞くと、私たちはときめきを覚える。」とすごく共感できる言葉でした。よか言葉やった。

この感情は多分、日本中の誰が聞いても多分わからんじゃろうと思う。その時に村におった人なら多分「うんうんわかる!」と共感してもらえると思う。それぐらい独特の感情がある。

今後、緑色の応援Tシャツを作ることや、応援の練習をすること、応援用国旗を作ること、九州石油ドームのアウェー席に約500名の応援団を結成することなどが計画にあげられている。

2002年の時には期待の新人と紹介された「エトー」が世界の「エトー」となって帰ってくるといううわさもある!本当にそうならますます大歓迎だ!


今からの1ヶ月・・・熱い中津江村が帰ってくる。


posted by LJ21 at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よか言葉。
お年寄りも、若い人もみんな元気になれたもんね。
2002年は今よりずっとたくさん村に居て、理屈なしの感動を共有できたことを本当に幸せに思います。
そんなわけで
カメルーンにときめく村の人々にときめきを覚えているもりちです。人生に必要なのはトキメキだーーー!
1週間がんばってください。
Posted by もりち at 2007年07月17日 10:09
2002年にナカツエムラは確実に私の頭にインプットされました。2年前に行ったときには、「これがあの中津江村だあ」としみじみしたものです。ということで、私もほんの少しだけカメルーンという言葉に反応しちゃっています。

もりちが、ばくっと食いついた話って、すごい楽しみです。ワクワク!
Posted by あさだ at 2007年07月17日 13:03
ほんと、カメルーンという言葉は、魔法みたいな言葉だと思う。
今でもカメルーンの話をすると村人は遠くを見つめ笑顔になるとばい!!すごいね〜
Posted by いとう at 2007年07月17日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。