2007年07月22日

大分県日田市 伊東寿憲 最終日

とうとう最終日・・・

 もりちの一言に火がついて、またまた鮎で・・・

 鮎の友釣りはしません。もっぱら体力に任せた漁法しか、しちょらん、基本的に川に入るのが好きなもので・・・・

 津江漁協は、火振り漁が漁法で認められており、今の時期に渕を入札にかけます。
渕の上から、下までのたまりの部分を入札で競り落とします。ただし、火振りができるのは、2週間くらいの間に、ひとつの渕で2回が限度だったと思います。

 火振り漁とは、その名のとおり、夜になる前に渕の適当な場所に網を張り、日が暮れてから火(ライト)で鮎を驚かして、網で獲る漁法。

 その他、「ちょんがけ」というのをしたこともあります。細長い竹の中にハリスを通し、先には三又の掛け針をセット、川に潜り、鮎を引っ掛けて獲るという方法。

 他には、投網・・・丸く広がる網(釣具屋などで販売している。)を上手に丸くなるように投げ、ゆっくり引き寄せると獲れているという方法。
 だが、津江川では、大きい岩がごつごつしており、ゆっくり引き寄せても根がかりしてニッチもサッチも行かなくなる。
 このため、投げると同時に川に潜り、徐々に網を狭めていくというなんとも楽しい?獲り方となってしまう。

 この獲り方をすべて、小学生の時に・・・・体験した。
すごくよい環境で育ったとわれながら関心してしまう。

 ぜひ、自分の子供にも!と思う。

 少年期の貴重な体験が、地域を愛する心に育つのだと思う。
教育基本法の改正!
 ぜひ学校の授業で鮎のちょんがけを夏の体育で選択教科のひとつに加えていただきたい。
 「ちょんがけ」の道具をもって、
 「今日は学校で川に行ってくるね〜」
と元気よく家を出て行く未来があることを期待して、今週の私を締めくくりたいと思う。

 あっという間の1週間の今週の私でしたが、そのほとんどが少年期の出来事をつづってしまいました。
 いつもコメントいただいたもりちさん、あさださん、そして沢畑さん、津江の鮎、うなぎを食べたい時はぜひ事前に連絡してください。

 泊まりの準備もお忘れなく・・・

一週間ありがとうございました。


posted by LJ21 at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーーあ、おわっちゃったー
1週間あっという間でしたね。すごく楽しませてもらいました。お疲れ様でした。
ちょんがけを必修科目にするの、大賛成です。
実際、小学校じゃなかったかもしれんけど、サーフィンが体育であったり(多分宮崎)、スキーが必修の小学校もあったもん。大学の同級生で新潟の子にいました。
朝田のお姉さんと、8月に九州地元学行脚(というとかっこいいけど実際は食べてばっかりかも)をやる予定なので、中津江にもお姉さんを誘致したいと思っています。その際には宜しくおねがいします。
それにしても楽しかった1週間、伊東さん、不定期でいいから、森の新聞に連載してくれないかなあ。
今、ガーナの人とペルーの人がいるんだけど、中津江は十分負けないと思う。
1週間ありがとうございました。
Posted by もりち at 2007年07月22日 22:12
あーだ、こーだと教育法を考えるより、自然の中で遊ぶ体験をたっぷりさせてあげるのが一番ですね!
私も、池でザリガニを獲ったり、セミやトンボを追い掛け回していました。今では、不思議なほど、セミが苦手になってしまったけれど。ある日、突然、ダメになりました。
でも、あのころの思い出は年をとればとるほど、貴重な、こころ温まるものになっています。
セミさん、ザリガニさん、トンボさん、ありがとう!

そして、伊藤さん、合いの手のもりちさん、ありがとうございました!
鮎も、うなぎもいる中津江村よ、永遠に!と願わずにはおれません。

あ、鮎とうなぎ、その節はよろしく!
Posted by あさだ at 2007年07月22日 22:45
 あらなんだ、結局はさざえもぐって獲ったりザリガニ獲ったり、トンボ追いかけたりしてるんですね。
 だから中津江の生活も共感してもらえる?のかもしれない。
 今の子どもは、ゲームばっかりでそんな体験をしていないような気がする。
 その子ども達が成長し、自分の子どもを育てる時って、もっと怖い気がする。
Posted by いとう at 2007年07月23日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。