2007年08月15日

風土倶楽部サポーター たにぐちけいじ 2日目 東京都

 今日も前日に引き続いて片品にいて、katakataな夏の一日をお伝えしたいと思います。今日は野菜の行商があり、野菜の朝採りと畑しごとのお手伝いをして、普段以上に働いた、夏働きな一日を過ごしました。
朝5時30分から、歩いていける開墾畑とすこし遠いところにある有機栽培の畑で野菜の収穫です。
J.jpg
開墾畑には、今、ししとうとピーマン、花付ズッキーニ、白菜が旬で、今朝はこれを採りました。
.jpg
そして、セトヤマ先生自慢のスイカがあり、わらのベッドの上で大事にされているスイカちゃんがいました。
XCJ.jpg
開墾畑は、その名のとおり今年から開墾した畑で3ヶ月前は荒れ野原だったのですが、立派な畑になっていてびっくりです。すごいね〜、セトヤマ先生、フミオさん、ミチコさん、マヤちゃん。すべて人力で耕したそうです。
続いて、ワゴンに乗って、少し離れた有機栽培の畑へ。そこでは、モロッコいんげん、いんげん、おかひじき、小松菜、きゅうり、スイスチャード、モリヘイヤ、トマト、サラダミックス、間引きにんじん、ラディッシュを採りました。
n.jpg
有機栽培の畑に差し込む朝日がとうもろこしの葉を照らしてとてもきれいでした。
L@|.jpg
 そのあと、野菜を売る準備をして日光街道のワインディングロードで丸沼ペンション村へ。朝ごはんは車のなかで玄米おにぎりをほうばりました。
.jpg
車が左右のカーブを曲がる度におにぎりが落っこちそうになり、ひやひやしました。(実際に一度に落っこちましたが。)丸沼のペンション村には、素敵なペンションがいっぱいあって、行商のお供をして見て回りました。
s.jpg
どのペンションもお盆休みの真っ最中で大混雑で、早く行ったのですが、忙しそうで、少し待つことに。最初にお訪ねした、ペンションもくもくさんでコーヒーをいただきました。ミチコさんとタダさんと優雅なひとときです。ミチコさんが普段からきちんとしたお付き合いをしたたまものですね〜、ありがとうございます。
D.jpg
 お昼は、自家製バジル、オレガノとトマトソースの冷製パスタ、レタスときゅうりのごまドレッシングサラダ、蒸しいんげんの塩あえです。朝採りのいんげんがとってもおいしかったです。蒸して、色も鮮やかで美しかったです。
pX^.jpg
 午後は、セトヤマ先生、タダさんといっしょに、朝、野菜を収穫した有機農業の畑で農作業です。

もう、片品では秋野菜の植え付けの準備をする季節です。私は畝立てをして、春菊とほうれんそうの種まきをすることに。くわの使い方が上手になったとセトヤマ先生に褒められましたが...肝心の畝はまがってしまい、相変わらずのへたっぴファーマーぷりです。
.jpg
 作業も終わり、ご褒美にセトヤマ先生から、「作物をどれか持って帰っていいよ、新鮮なものを食べてもらいたいから。」と。いつも謙虚なセトヤマ先生、かなりかっこよかったです。お言葉に甘えて、コリアンダーをいただきました。
 今日の夕ご飯はカレーです。私は1年に一度、ちゃんとしたカレーをつくるということを自分に約束していて、今日がそれをやる日です。畑でとれた、ピーマン、なす、ズッキーニ、ロールはくさいと、東京朝市で買ったじゃがいも、そしてカレーの壺を使った、つゆだくカレーです。そして、タダさん作のレタスときゅうり、コリアンダーのサラダ、大家のミサオさん作の、なす、ピーマン、えんどうの素揚げです。今日の食卓は、昨日の6人に加えて、東京から来たkatakata常連のサトちゃんです。今日は、食卓の風景の写真を撮るからと言ったところ、フミオさんと、みちこさん、サトちゃんが入ってくれました。(足だけ写っているのが、ミサオさんです。)
W^PS[H.jpg
みんなでカレーを食べて、汗を書いて夏の食を満喫です。
 私流の献立のコツは、彩りと旬のものを食べること、そして舌と鼻で感じる食べ物の強さのバランスです。見た目にきれいでいろんな彩りのある食卓は、飽きがこなくておいしく、食が進みます。また、その土地のその時期にとれるものは、体が求めますよねー。そして最後のポイントが大切だと思うのですが、舌にずしっととくる食べ物の適度な存在感だと思います。
今日もまかない担当と、行商と農作業のお手伝いをした谷口でした。かなり働きましたよー。
posted by LJ21 at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このあと、谷口さんはもう一働き。

この日が片品最後の夜となるのを聞いていましたので「蛍をみたことありますか?」と「おやすみなさい」の挨拶のあとでいたしましたところ「ありません」と。で、夜道を(非常用懐中電灯をカシャカシャいわせながら)集落の中を通って(川)カミの田んぼへ・・・
そこは博識な谷口さん、歩きながら天の川の説明をしてくださいました。今まで知らなかった。自分の住む集落の真ん中に沿って天の川が天をわたっている事を・・・

『夏休みに来たのか、夏働きに来たのかわからないですね』とぼやく谷口さんの説明を聞きながら、蛍を見たらよいのか(その前夜からなんとか流星が見られる、ということで)流れ星を見たらよいのかわからず、「あっ蛍」という声に田んぼを見「あっ流れ星」という声に天空をむなしく見上げるミサオ現象sでした。
Posted by ミサオ at 2007年08月17日 18:19
ミサオさんへ

いつも落ち着きなく訪問しているので、いまだミサオ現象未体験です。今度、ぜひ、よろしくお願いします(笑)

谷口さん、働き者ですねー。
蛍と流れ星が同時に見られたなんて、いいなあ。
Posted by あさだ at 2007年08月18日 05:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51476740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。