2007年09月13日

鹿児島県南さつま市笠沙町 松山智恵 3日目

 今日は「しおっ」の出来上がりの作業でした。

    塩のできあがり  できたての塩です。
    
 
平成10年に移住してから、夫はひょんなことから「船大工」に弟子入りし、独立して仕事をしてたのですが、「せっかく人間らしい暮らしを目指してここに来たのに、プラスチックまみれで体力的にあと何年もつか不安だし、笠沙の自然と共生した’ものづくり’をしたい」と考えていました。

    黒瀬の海   笠沙町黒瀬海岸からの海 
      

 NPO南さつまの原点は「食いしん坊」でした。

いつも一緒に活動しているメンバーが「おいしい地鶏をみつけた」「活きのいいひらめが手に入ったぞ」「塩トマトはマジでうまい」などの情報を仕入れては我が家で「試食会」と称し「飲ん方」(鹿児島弁で「のんかた」飲み会・宴会のこと)を催していろんなことを熱く語っていました。

 回を重ね、NPO法人を設立・活動を始めた頃、「そのままでもおいしい食材や鮮度のいい物を、さらに引き立てるのは’塩’だ」ということにいきつき、平成17年9月にメンバーと一緒に工房建設着工、翌18年4月「しおっ」試作完成・6月製造販売を開始しました。

   工房建設  工房から「手づくり」

 これを機に私たち夫婦の本業は「塩づくり」となり、工房は「塩の製造」とともにNPOをはじめいろいろな活動の「拠点」になりました。

   塩釜 平釜で塩炊き


      建設中の体験受入れ 
平成18年3月。まだ壁のない工房で「自然体験」実施。昼食風景です。
 メニューは「天然ぶり刺身」「自分で収穫した生らっきょうの酢味噌和え」「らっきょうと畑の野菜とたかえびの掻揚げ天」「はがま炊きご飯と特製ポークカレー」「こぶ高菜つけもの」ほか。 
 
   

    

posted by LJ21 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55130182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

塩を上手に楽しみましょう
Excerpt: 旅先で塩を見るとつい手が出てしまいませんか? これはどんな塩味なんだろう…というのも変な言い方ですが(笑) 塩は辛いだけではなく、すごく複雑な旨みを感じさせてくれます。 よい塩は舌にのせてみてもわか..
Weblog: 風土倶楽部
Tracked: 2007-09-13 21:34

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。